ビックカメラ【アウトレット品&在庫処分】    ダイエー楽天市場店

2015年08月31日

2015年7月のアクセスランキング:1位はトライアル

"いかにお得に楽しめるか"をテーマにレポートをお送りしている極もん底値ブログ。7月は、どんな記事に多くのアクセスが集まったのでしょうか。本日は、7月の月間記事別アクセスランキングを発表いたします。

第1位 同じ 24時間激安!「スーパーセンタートライアル」 228
第2位 同じ ダイソーの激安”回転テーブル” 176
第3位 アップ 青春18きっぷ 金券ショップでの売買価格 168
第4位 ダウン 解決!DVDレコーダーのディスクが取り出せないトラブル 153
第5位 同じ 過去のテレビ番組表が見られるサイトがほしい! 143
第6位 ダウン アイスクリームが安い「業務スーパー」 131
第7位 ダウン ジョーシン江坂店が東急ハンズに移転オープン! 52
第8位 アップ 「店休日」って言葉あるの? 48
第9位 アップ 冷凍ペット飲料「凍結ボトル」 41
アップ ヤマダ電機 最大手でもポイントカード期限は1年 41
Google Analyticsのアクセス解析データによるもので、個別記事ページにアクセスがあったもののみを集計しております。 数値はアクセス数です。
<ご来客数:2,870人(1日平均:92人)>

1位は、4ヵ月連続でトライアルの記事。福岡から全国に展開するディスカウントストア。大阪では、摂津やりんくうタウンなどに出店しています。9位は、同率で凍結ボトルの記事とヤマダ電機の記事。凍結ボトルは、9年前の記事ですが、今になって初のトップ10入り。現在も冷凍ペット飲料は各社競って販売。伊藤園からはお茶の冷凍飲料が出ています。

ダイエー楽天市場店(ネットショッピング) ●おすすめ記事
【ダイエー】
「ダイエー」「イオン」、連名の屋号で残せないか
惜別 ダイエー各店巡り(1) 池田駅前店編
【東京遠征レポ】ダイエー系ディスカウンター「ビッグ・エー」
住道 ダイエーと充実のショッピングセンター
消えゆくダイエー良き日の名残(1)
消えゆくダイエー良き日の名残(2)




タグ:ランキング
posted by 極もん at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 総合ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月28日

ジョリーパスタの”贅沢いくらと明太子の冷製カッペリーニ”

先日は、「ジョリーパスタ」の「贅沢いくらと明太子の冷製カッペリーニ」をいただきました。

150807_ジョリーパスタ「贅沢いくらと明太子の冷製カッペリーニ」

ジョリーパスタ」は、山口県発祥の「株式会社サンデーサン」により、1983年に立ち上げられたファミリーレストランタイプのパスタ専門店。全国に200数店舗を展開しています。2007年からは、牛丼の「すき家」と同じゼンショーグループに属するチェーン店となっています。

150807_ジョリーパスタ天王寺店

以前から、街やテレビCMで見かけて気になっていた「ジョリーパスタ」に、今回初訪問。毎夏、一度はいただくことにしている冷製パスタをこちらでいただくことにしました。

今夏の冷製パスタは3種類。その中から、「贅沢いくらと明太子の冷製カッペリーニ」(1,285円)を注文しました。「カッペリーニ」とは、イタリア語で「髪の毛のように細い」という意味を持つ大変細い種類のパスタです。

150807_ジョリーパスタ「贅沢いくらと明太子の冷製カッペリーニ」

夏の香味野菜である三つ葉としょうが、みょうがを刻んで作った薬味が付いており、これをのせていただきます。

150807_ジョリーパスタ「贅沢いくらと明太子の冷製カッペリーニ」

まず、大変しっかり冷えているというのが第一印象です。そして、カッペリーニに、たらこの粒がよく絡んで、大変良い食感です。また、いくらと一緒にいただくと、その甘みが合わさって、それがまた美味。いくらをはじめ、エビやイカものり、魚介たっぷりのその名の通り、贅沢なパスタでした。

初めてのジョリーパスタでしたが、味も店内の雰囲気もよく、お気に入りのお店となりました。今度は、メニュー豊富な温かいパスタもいただいてみたいと思います。

150807_ジョリーパスタ天王寺店


〜売れ筋!パスタのお取り寄せ〜
業務用 生パスタ・クリーミィボロネーゼ 10パックセット 2,910円 さぬき生パスタ(フェットチーネ・1kg) 1,500円【送料無料】 米粉で作ったスパゲッティ(5食入) 850円


posted by 極もん at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

最終日の「はくたか」と北陸本線−遠征中!’15春旅1−7

今春の北海道遠征取材旅の完結編。北海道から青春18きっぷで新潟まで戻ってきた極もん。7日目(最終日)は、大阪へ帰る行程ですが、少しルートを変えて、この日が最終運行日だった北越急行の特急「はくたか」に乗車。また、第3セクター化前最後の北陸本線の撮影を行いました。

宿・ホテル予約ならじゃらんnet
●最終日の極もん
【3月13日(金)】

6時50分 ネットカフェ発
約8時間滞在したネットカフェを出発。まだ、雨が降っている。

7時6分 新潟発
青春18きっぷに印をもらい、普通長岡ゆきに乗車。信越本線を長岡へ。

8時40分 長岡発
信越本線をそのまま西へ向かえば、大阪へ帰れるのだが、北越急行に乗るべく十日町へ向かう(約11分遅れで発車)。小千谷を経由し、上越線を越後川口へ。真冬は豪雪地帯になる所とあって、すっかり雪景色へと変わった。

150313_JR上越線車窓

9時2分 越後川口発
飯山線に乗り換え、十日町へ(約5分遅れで発車)。

9時27分 十日町駅
北越急行の乗換駅、十日町に着く。明日の北陸新幹線開業に伴い、今日で特急「はくたか」が引退するとあって、記念切符を買い求める人の大行列ができるなど、多くの鉄道ファンで混雑している。最終日にして初めての「はくたか」に乗るべく、直江津までの乗車券と自由席特急券を購入する。

150313_十日町駅
▲記念切符を買い求める人の大行列ができた十日町駅。

150313_十日町駅
▲特急が表示された、にぎやかな時刻表は、今日までとなる。

9時45分 十日町発
越後湯沢発金沢ゆきの特急「はくたか」4号に乗車(約3分遅れで発車)。ホームページの運転予定表では、JR西日本所属の青帯車両が来ることになっていたが、乗りたかった北越急行所属の赤帯車両「スノーラビットエクスプレス」(681系)が来てくれた。出発時、小さな子供達の集団が歓声を上げて見送ってくれているのが見えた。地元の保育園児らしい。

150313_北越急行681系・十日町駅

客席は満席。数人の鉄道ファンと共にデッキで、在来線最高速度の160キロ運転を体感。160キロ運転を行っているのは、ここだけなので、最初で最後の体験となる。一般特急と新幹線の中間的な感覚だった。ほとんど、トンネルばかりだったが満喫できた。

10時13分 直江津着
直江津で「はくたか」を下車。このあと、北陸本線の撮影に行くので、昼食に駅弁の「鱈めし」を購入。昨春、食事をして大変うまかった駅前のホテルハイマートが作る駅弁なので、味はかなり期待できる。今日は鉄道ファンが多いので、駅弁が飛ぶように売れていた。

150313_JR直江津駅
▲今日で廃止となる特急「はくたか」・「北越」の案内表示。

10時41分 直江津発
普通富山ゆきで2駅先の有間川へ。

10時51分 有間川駅
海が見える有間川(無人駅)で下車。昨秋、ここで北陸本線を撮影したが、少しの撮影で、隣の谷浜駅へ移動してしまい、心残りだったので、この機会に再び撮影することに。昨秋に来た時は、誰一人撮影者がいなかったが、今日は第3セクター化前の最終日とあって、多くのファンが来ている。

今日で姿を消す特急「はくたか」や特急「北越」、国鉄型普通列車(413系)を撮影。

150313_413系・JR有間川駅
▲普通列車(413系)

150313_681系・JR有間川駅付近
▲特急「はくたか」(681系)

150313_485系・JR有間川駅付近
▲特急「北越」(485系)

150313_485系・JR有間川駅
▲特急「北越」(485系)

撮影を終えて、先程買った駅弁「鱈めし」をベンチでいただく。やはり期待通り、抜群にうまかった。珍味がたくさん。

150313_直江津駅駅弁「鱈めし」

13時21分 有間川発
普通富山ゆきで富山へ向かう。北海道帰りで大変疲れてはいるが、北陸本線が最後なので、カメラを構え、前面かぶりつきでの乗車。明日から別会社に変わるので、直江津−金沢間で青春18きっぷが使えるのも、今日が最後だ。

13時51分 糸魚川駅
糸魚川停車中にホームに出て、少々撮影。

150313_JR糸魚川駅
▲「ありがとう北陸本線・こんにちは えちごトキめき鉄道」の装飾が施された糸魚川駅。

150313_北陸本線・前面展望
▲途中で、すれ違った特急「北越」。

15時12分 富山駅
富山に着いて、しばらく発着する列車などを撮影する。

150313_413系・JR富山駅

150313_JR富山駅
▲ずらりと特急の表示が並んだ富山駅の表示板も見納め。

16時19分 西町大喜
外は雨模様。昨春にも訪れた駅前の「西町大喜」で、富山名物のブラックラーメンをいただく。

150313_西町大喜「中華そば」

16時48分 物産センター富山
駅ビルの土産物店は、明日の新幹線開業に向けて、引っ越し作業中なので、「CiC」5階の土産物店「物産センター富山」へ。白えび入りのわかめスープと「富山ブラックラスク」を買う。

17時5分 富山駅
雨が強くなった中、富山駅へ戻る。

150313_JR富山駅

17時13分 富山発
普通金沢ゆきで、大阪への帰路に就く。

18時26分 金沢発
乗り換えの金沢で、向かいに止まっていた北越急行車の「はくたか」を撮影して見納め。それから、普通敦賀ゆき(約3分遅れで発車)、普通長浜ゆきを乗り継ぐ。

21時57分 長浜発
長浜からは、新快速大阪ゆきに乗車してラストスパート。

23時33分 新大阪着
新大阪に着き、これにて一大プロジェクトだった北海道遠征取材旅は、終了。充実の7日間が終わった。大阪(新大阪)−札幌間往復の総乗車距離は、3,043.2km(往路:1,486.6km、復路:1,556.6km、滞在地での乗車距離は含まず)だった。

最終日の出費・・
北越急行 運賃 1,000円
北越急行 自由席特急料金 960円
直江津駅駅弁 鱈めし 1,200円
西町大喜 中華そば小 750円
西町大喜 ライス小 120円
西町大喜 生玉子 60円
物産センター富山 シンエツ 富山限定わかめスープ 540円
物産センター富山 いきいき富山観光物産 富山ブラックラスク 378円
<合計:5,008円>
<7日間の合計:39,453円>
※青春18きっぷ代は別。

最終日の歩数計・・
9,894歩


高速バス予約 地域別旅行ガイド甲信越 最高級ホテル・旅館予約

にほんブログ村 旅行ブログにほんブログ村 旅行グルメ
posted by 極もん at 15:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする