ビックカメラ【アウトレット品&在庫処分】    ダイエー楽天市場店

2015年11月30日

エキスポシティ グランドオープン![後編]

前回に続いて、11月19日にグランドオープンした「エキスポシティ」のレポートをお送りします。

151120_エキスポシティ

エキスポシティ」は、8つのエンターテイメント施設と、305店の大型ショッピングモール「ららぽーとEXPOCITY」からなる日本最大級の複合商業施設。大阪府吹田市の万博記念公園(大阪万博「EXPO'70」跡地)の一角にあった遊園地「エキスポランド」跡地にオープンしました。

三井不動産が手がけた施設で、敷地面積は、甲子園球場4.5個分の17万2千平方mに及びます。「ららぽーとEXPOCITY」の305店のうち、関西初出店の店舗は、47店とのことです。

151120_ららぽーとエキスポシティ

極もんはオープン2日目の夕方に訪問して、ららぽーとを中心に巡りました。では、前編の1、2階に続いて、3階をレポートいたします。

●3階[フードパビリオンほか]
3階には、主な店舗としては、「エディオン」、「アカチャンホンポ」。そして、アミューズメント施設の「ENTERTAINMENT FIELD」(エンターテイメント フィールド)と、フードコートの「FOOD PAVILION」(フードパビリオン)があります。

151120_ららぽーとエキスポシティ・フードパビリオン
▲フードコートには、大阪万博当時のコンパニオンの制服が展示されている。

フードパビリオンの入り口付近には、大阪万博当時のコンパニオンの制服が展示。また、壁面には、大阪万博の写真が多数飾られており、この地ならではの演出で思い出がよみがえります。

151120_ららぽーとエキスポシティ・フードパビリオン
▲フードコート壁面には、大阪万博の写真を展示。モニターに映っているのは、エキスポシティ専用のテレビ放送。

フードコートに入ってみますと、面積は、かなり広く1,200席あるとのことですが、ほぼ満席の状態で、人気店には行列ができていました。ここからは、大阪万博のシンボル「太陽の塔」が一望できます。

フードコートの出店店舗は、17店(うち1店は駄菓子屋)。その中で、極もんの注目は、「全国ご当地 丼ぶり屋台」。全国各地の認証団体や有名店公認のご当地丼ぶりがいただけるお店。北海道十勝「厚切りカルビ豚丼」(950円)や、あの「B-1グランプリ」でもおなじみの愛媛「今治焼豚玉子飯」(950円)などがあります。

また、ハワイ発のハンバーガー店「ハワイアングルメバーガー クア・アイナ」も注目。100%プレミアムビーフのパティを溶岩石グリルで焼き上げる本格的ハワイアングルメバーガーがいただけます。

151120_ららぽーとエキスポシティ・フードパビリオン

このフードコート付近は、お子様のパラダイス的配置になっています。フードコートには、駄菓子屋もありますし、すぐ隣には、ゲーム・アミューズメント「ENTERTAINMENT FIELD」が配置されています。

また、鉄道模型・グッズショップの「ポポンデッタ」、その隣には、キティちゃんの人形が出迎える「サンリオギフトゲート」。100円ショップ「ザ・ダイソー」を挟んでは、玩具店の「KIDDY LAND」(キデイランド)があります。

151120_ららぽーとエキスポシティ・ポポンデッタ
▲鉄道模型・グッズショップの「ポポンデッタ」。

「ポポンデッタ」は、極もんをはじめ大人の鉄道ファンにも、見逃せないお店。レンタルレイアウト(ジオラマ)もあり、時間料金制で列車を走らせることができます。

●エキスポキッチン
続いては、屋外にあるレストラン街「EXPO KITCHEN」(エキスポキッチン)へ。こちらには、18店が出店しています。

151120_ららぽーとエキスポシティ・エキスポキッチン

ここでの極もんの注目は、「万博食堂」。大阪万博で出された世界のメニューや大阪万博をテーマにした料理がいただけます。旧ソ連の「ボルシチ&ピロシキ」(1,400円)や「アメリカ館の月の石ハンバーグ」(1,280円)などがメディアで話題になっています。

151120_ららぽーとエキスポシティ・万博食堂

151120_ららぽーとエキスポシティ・万博食堂
▲大阪万博の再現メニューがいただける「万博食堂」。

また、ケンタッキーフライドチキンの新業態レストラン「KFC」も注目。こちらは、なんと!おなじみのフライドチキンやパスタなどが食べ放題のお店。近隣の小野原(約5km北)には、これまで全国で唯一だったケンタッキーの食べ放題店がありますが、こんな近くにまた、新たな食べ放題店ができるなんて、北大阪の住民は幸せです。

151120_ららぽーとエキスポシティ・KFC
▲ケンタッキーフライドチキンの食べ放題店「KFC」。

ちなみに、ケンタッキーが日本で最初に出店したのは、大阪万博のアメリカ館に出店した実験店舗でした。その後、日本でチェーン展開を開始したとのこと。今回、それから45年の時を経て、この地に再出店。それにふさわしいメモリアル店舗となっています。

その他、食べ放題店は、世界の料理がいただける「BUFFET RESTAURANT Atlantic」、串揚げの「神楽揚処本串家」、スイーツの「スイーツパラダイス ファクトリー」があります。

151120_ららぽーとエキスポシティ・ガンダムスクエア
▲バンダイ直営の「GUNDAM SQUARE」の前には、ガンダムの巨大模型が展示。

さて、全体を回ってみて、うれしく思ったのは、大阪万博当時の思い出が至る所にちりばめられていたことです。この大阪万博開催地ならではの演出がうまく効かされたなぁと思いました。

インフォメーションスタッフの制服も、大阪万博で「三井グループ館」パビリオンの案内スタッフが着用した制服をアレンジしたデザインになっているとのことです。

また、入り口付近に小さな遊園地(「ANIPO」)があったり、来年には大観覧車ができるなど、ここに「エキスポランド」があったことも忘れさせないようなものもできて良かったと思いました。


〜エキスポシティ掲載の本〜
るるぶ北摂
るるぶ北摂
907円【送料無料】
ぴあ 吹田豊中食本 2016
ぴあ 吹田豊中食本 2016
896円【送料無料】
万博公園Walker
万博公園ウォーカー
896円【送料無料】
関西ウォーカー 2015 No.22【電子書籍】 367円


■関連記事
エキスポシティ グランドオープン![前編]


posted by 極もん at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月29日

エキスポシティ グランドオープン![前編]

11月19日にグランドオープンした「エキスポシティ」に行ってきました。

151120_エキスポシティ

エキスポシティ」は、8つのエンターテイメント施設と、305店の大型ショッピングモール「ららぽーとEXPOCITY」からなる日本最大級の複合商業施設。大阪府吹田市の万博記念公園(大阪万博「EXPO'70」跡地)の一角にあった遊園地「エキスポランド」跡地にオープンしました。

三井不動産が手がけた施設で、敷地面積は、甲子園球場4.5個分の17万2千平方mに及びます。今回は、「ららぽーとEXPOCITY」を中心にリポートします。

151120_エキスポシティ

極もんは、オープン2日目の夕方に訪問しました。自転車で来ましたが、大阪モノレール万博記念公園駅からは徒歩2分。駅からのスロープを降りるとすぐに、正面入り口となります。ここは、エキスポランド時代も正面入り口だったところです。

入った所には芝生の広場があり、それを囲むように、話題の海遊館プロデュースの水族館「NIFREL」(ニフレル)、最新鋭の映画館「109シネマズ大阪エキスポシティ」、日本初の体験型英語教育施設「OSAKA ENGLISH VILLAGE」(オオサカイングリッシュ ビレッジ)、体験型エデュテイメント施設「ポケモンEXPOジム」など、6つのエンターテイメント施設が建っています。

151120_エキスポシティ・ニフレル

また、ニフレルの裏では、来春開業に向け、高さ日本一の観覧車「REDHORSE OSAKA WHEEL」(レッドホース オオサカ ホイール)が建設中です。

それらの奥にあるのが「ららぽーとEXPOCITY」。ららぽーとへは、左右両ルートがありますが、左側の通路を通ると、屋外にあるレストラン街を通って入ることができます。305店のうち、関西初出店の店舗は、47店とのこと。

151120_ららぽーとエキスポシティ

●1階
1階には、主な店舗としては、「無印良品」、「LOFT」、「OLD NAVY」、「デイリーカナートイズミヤ」、「ひごペットフレンドリー」が入っています。

ここで極もんが注目したのは、「Inforest すいた」。吹田市が開設した産業や観光などの情報発信プラザです。現在は、「大阪万博フェア」が開催中で、1970年開催の大阪万博のポスターや写真などが展示されています。また、海洋堂制作の「太陽の塔」モデルなど、太陽の塔グッズを販売。また、観光案内パンフなどを配布しています。

151120_ららぽーとエキスポシティ・インフォレストすいた

151120_ららぽーとエキスポシティ・インフォレストすいた
▲「Inforestすいた」では、太陽の塔グッズが購入できる。

「デイリーカナートイズミヤ」は、イズミヤの食品スーパー。市場のように威勢良く「いらっしゃい、いらっしゃい」と声を出したり、鐘をカランカランと鳴らして、活気が良い雰囲気が作られていました。昨年、阪急百貨店のエイチ・ツー・オー リテイリングと経営統合したことから、「阪急ベーカリー香房」(100円均一パン)が導入されています。

151120_ららぽーとエキスポシティ・デイリーカナートイズミヤ


スーパーは、他に、いかりスーパーの小型店「いかり ホームメイド ショップ」と、北野エースの小型店「KITANO ACE ONE」が出店しています。


この吹田市がお膝元の「ミスタードーナツ」も出店。ミスタードーナツは、これまでに見たことないようなしゃれた店内です。その隣には、お菓子メーカー、カルビーの「カルビープラス」、その向かいには、不二家の「カントリーマアムFACTORY」があり、いずれも行列ができていました。

151120_ららぽーとエキスポシティ・カルビープラス

さらに注目したのは、「久世福商店」。看板商品の万能ダシや全国から集めた和の食材をそろえたセレクトショップ。こちらでは、「おとうふドーナツ」(3個入・421円)を購入しました。

151120_ららぽーとエキスポシティ・久世福商店


●2階
2階には、主な店舗としては、「TSUTAYA BOOK STORE」、「SUPER SPORTS XEBIO」、「ZARA」、「ユニクロ」、「COLONY 2139」が入っています。

151120_ららぽーとエキスポシティ

ここの注目は、大型書店の「TSUTAYA BOOK STORE」(ツタヤブックストア)。カテゴリごとに分かれた部屋があるなど、大変凝った内装が印象的。スターバックスコーヒーが併設されており、コーヒーを飲みながら本が読めます。

151120_ららぽーとエキスポシティ・ツタヤブックストア


ツタヤの前には、旅行会社が2店、「JTB」と「阪急交通社」が配置されており、旅の予約の前後に書店で旅の本を探すといったことができて便利です。


151120_ららぽーとエキスポシティ

後編では、3階フロアとフードコート「フードパビリオン」、レストラン街「エキスポキッチン」をご紹介します。

〜エキスポシティ掲載の本〜
るるぶ北摂
るるぶ北摂
907円【送料無料】
ぴあ 吹田豊中食本 2016
ぴあ 吹田豊中食本 2016
896円【送料無料】
万博公園Walker
万博公園ウォーカー
896円【送料無料】
関西ウォーカー 2015 No.22【電子書籍】 367円

posted by 極もん at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

2015年10月のアクセスランキング:1位はトライアル

先月は、どんな記事に多くのアクセスが集まったのでしょうか。本日は、10月の月間記事別アクセスランキングを発表いたします。

第1位 同じ 24時間激安!「スーパーセンタートライアル」 231
第2位 同じ ダイソーの激安”回転テーブル” 190
第3位 同じ 解決!DVDレコーダーのディスクが取り出せないトラブル 152
第4位 同じ 過去のテレビ番組表が見られるサイトがほしい! 97
第5位 同じ アイスクリームが安い「業務スーパー」 67
第6位 アップ 六甲トンネルの真上 西宮の新幹線公園 66
第7位 アップ 腕時計の電池は自分で交換して・・節約 51
第8位 アップ 東芝レコーダーRD−S1004K購入も、ダビング10がネック 44
第9位 同じ 「すすめ!ヴァイキング」で焼肉&寿司食べ放題 42
第10位 アップ 千里中央の行ってみたい食べ放題 40
Google Analyticsのアクセス解析データによるもので、個別記事ページにアクセスがあったもののみを集計しております。 数値はアクセス数です。
<ご来客数:2,652人(1日平均:85人)>

1位は、2ヵ月連続でトライアルの記事。福岡から全国に展開するディスカウントストアです。8位は、東芝レコーダーの記事。DVDレコーダーの購入レポートです。10位は、千里中央食べ放題の記事。人気の「行ってみたい食べ放題シリーズ」。「千里中央 バイキング」などのワードで検索されています。

ダイエー楽天市場店(ネットショッピング) ●おすすめ記事
【ラーメン】
玉五郎三代目の”煮干しラーメン”
紅茶らーめん紅の”青汁らーめん”
上方段七の”あっさり醤油らーめん”
ラーメン熊きちの”みそ味チャンポン”
名古屋名物「味仙」の”台湾ラーメン”[名古屋遠征レポ]


【レールブログの最新記事】
まもなくラスト 阪神”Yellow Magicトレイン”




タグ:ランキング
posted by 極もん at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 総合ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする