ビックカメラ【アウトレット品&在庫処分】    ダイエー楽天市場店

2016年07月31日

2016年6月のアクセスランキング:1位はトライアル

先月は、どんな記事に多くのアクセスが集まったのでしょうか。本日は、6月の月間記事別アクセスランキングを発表いたします。

第1位 同じ 24時間激安!「スーパーセンタートライアル」 205
第2位 同じ 「店休日」って言葉あるの? 127
第3位 同じ ダイソーの激安”回転テーブル” 104
第4位 アップ 解決!DVDレコーダーのディスクが取り出せないトラブル 95
第5位 アップ 過去のテレビ番組表が見られるサイトがほしい! 82
第6位 アップ アイスクリームが安い「業務スーパー」 66
第7位 アップ ジョーシン江坂店が東急ハンズに移転オープン! 54
第8位 アップ 激安特集番組に「濱伸」と「カーネルパフェ」 32
第9位 アップ スーパー玉出 激安の舞台裏 30
第10位 同じ 3月1日移管 ダイエーからイオンに変わる関東・関西29店 29
Google Analyticsのアクセス解析データによるもので、個別記事ページにアクセスがあったもののみを集計しております。 数値はアクセス数です。
<ご来客数:2,039人(1日平均:67人)>

1位は、6ヵ月連続でトライアルの記事。福岡から全国に展開する食品も扱う大型ディスカウントストアです。7位は、ジョーシンの記事。江坂店は既に閉店していますのでご注意を・・。「江坂 家電量販店」などの検索ワードでのアクセスが多く、江坂に家電量販店を求める声が多いことがよく分かります。

ダイエー楽天市場店(ネットショッピング) ●おすすめ記事
【五輪テーマ曲】
ソチオリンピック2014 テレビ各局テーマ曲
ロンドンオリンピック2012 テレビ各局テーマ曲
バンクーバーオリンピック テレビ各局テーマ曲

北京オリンピック テレビ各局テーマ曲


タグ:ランキング
posted by 極もん at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 総合ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

恵比寿「初代」の”白いカレーうどん”[東京遠征レポ]

以前の東京遠征取材旅から、「初代」の「初代のカレーうどん」をご紹介します。

130409_初代「初代のカレーうどん」

「初代」(しょだい)は、東京・恵比寿にあるそば店。こちらになんと、生クリームがのった白いカレーうどんがあると、TBS「ぴったんこカン・カン」で知り、訪問することにしました。その後、続々多くの番組で紹介されているメディアで有名なお店です。

130409_初代「初代のカレーうどん」

いただいたのは、「初代のカレーうどん」(1,188円)。本当にたっぷりの生クリームがのったカレーうどんが出て参りました。

よく混ぜていただくとのことですが、試しにクリームだけ味見してみますと、酸味と苦みを感じました。このクリームは、裏ごししたジャガイモと生クリームを混ぜたものとのこと。

130409_初代「初代のカレーうどん」

そして、よく混ぜると、白さは消えてしまいますが、とてもまろやかな味のカレーうどんになりました。うどんは太めで、そこそこのこしがあり、また、カツオ出汁が大変効いていて、絶品です。

この白いカレーうどんは、溝の口(神奈川県川崎市)にある姉妹店「路じ」でもいただけるとのことです。

130409_酒彩蕎麦 初代


【地図】酒彩蕎麦 初代


JR山手線・埼京線 恵比寿駅から徒歩3分。
東京メトロ日比谷線 恵比寿駅から徒歩1分。
住所:東京都渋谷区恵比寿南1-1-10
営業時間:17:00〜4:00(ラストオーダー3:00)
日・祝は、1:00(ラストオーダー24:00)まで。
定休日:なし


〜売れ筋!カレーうどんのお取り寄せ〜
讃岐カレーうどん超お得GO!GO!GO!お試しセット(4食入) 555円【送料無料】 家カレーうどん 6食入セット 3,780円【送料無料】 宮武讃岐製麺所 頑固おやじのこだわり カレーうどん(8食入) 1,200円【送料無料】


■関連記事
目黒天空庭園−極もん遠征中!2013春2−5
(当日の旅日記)
posted by 極もん at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ[関東] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

さよなら西田辺 シャープ本社ビル

7月1日、シャープが長年、西田辺に構えてきた本社を堺へ移転しました。ニュースでよく見た西田辺の本社屋を見てきました。

160611_シャープ本社ビル
▲西田辺の象徴だったシャープ本社ビル(6月11日撮影)。

シャープは、大正13年(1924年)から長年に渡り、大阪市阿倍野区の西田辺界隈に本社を構え、地域の人々に親しまれてきました。

現在の建物は、昭和31年(1956年)に完成。角地に堂々と構える姿は、ニュースでおなじみでした。また、その南側には、同社の田辺ビルがあり、池越しにそびえ立つ姿は、JR阪和線車窓の風景としてもおなじみでした。しかし、経営難のため、いずれも売却され、シャープは西田辺を去ることになりました。

160715_シャープ田辺ビル
▲JR阪和線車内から見たシャープ田辺ビル。池越しに見る姿がおなじみだった(7月15日撮影)。

本社近くには、地下鉄西田辺駅があり、その周辺には、シャープ社員がお得意さんだった飲食店が多数軒を連ねています。一軒のラーメン店に入ってみますと、「SHARP頑張れ!」の貼り紙がありました。シャープ社員がよく訪れていたお店だったことがうかがい知れます。しかし、シャープ移転により、この街も転機を迎えることとなりました。

160611_RAMEN風見鶏阿倍野
▲ラーメン店のシャープ応援の貼り紙(RAMEN風見鶏阿倍野にて)。

本社跡地には、家具大手ニトリの商業施設、田辺ビル跡地には、マンションが建てられる予定になっています。

台湾企業ホンハイの傘下で再建を進めることになったシャープ。何とか踏ん張って経営を立て直してほしいものです。また、西田辺の街にもエールを送りたいです。
160715_シャープ本社ビル
▲JR阪和線車内から見たシャープ本社ビル(7月15日撮影)。


posted by 極もん at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする