ビックカメラ【アウトレット品&在庫処分】    ダイエー楽天市場店

ピョンチャンオリンピック2018 テレビ各局テーマ曲

2017年11月30日

2017年10月のアクセスランキング:1位はトライアル

先月は、どんな記事に多くのアクセスが集まったのでしょうか。本日は、10月の月間記事別アクセスランキングをお送りいたします。

第1位 同じ 24時間激安!「スーパーセンタートライアル」 148
第2位 アップ 「店休日」って言葉あるの? 116
第3位 ダウン 解決!DVDレコーダーのディスクが取り出せないトラブル 104
第4位 アップ ダイソーの激安”回転テーブル” 96
第5位 ダウン 過去のテレビ番組表が見られるサイトがほしい! 79
第6位 アップ 東芝レコーダーRD−S1004K購入も、ダビング10がネック 50
第7位 アップ 次々出てくるデカ盛り店「喫茶Y」の”カレーライス定食” 39
第8位 ダウン 近大前「キッチンカロリー」の”ガチャ鉄板焼” 35
第9位 アップ ユニクロ・ポイントカード廃止で”怒り”続出! 26
アップ ジョーシン江坂店が東急ハンズに移転オープン! 26
Google Analyticsのアクセス解析データによるもので、個別記事ページにアクセスがあったもののみを集計しております。 数値はアクセス数です。
<ご来客数:1,558人(1日平均:50人)>

1位は、3ヵ月連続でトライアルの記事。福岡から全国に展開するディスカウントストアです。2位は、店休日の記事。この不可解な言葉を使う企業・店舗には、この記事を読んで正してもらいたいものです。9位は、ジョーシンの記事(ユニクロ記事と同率)。この店舗は既に閉店していますが、江坂に家電量販店がないか検索する際にアクセスされているようです。

マウスコンピューター/G-Tune ●おすすめ記事
【デカ盛りグルメ】
大力食堂の”デカ盛りカツ丼”
日本橋「ポミエ」の”デカ盛りカツ丼”
大三元の”デカ盛り焼飯”



タグ:ランキング
posted by 極もん at 23:50 | Comment(0) | 総合ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月26日

2017西日本B−1グランプリin明石 レポ&待ち時間

昨日は、「2017西日本B−1グランプリin明石」へ行って参りました。1日目のレポートを2日目に訪問される方の参考になるよう、待ち時間情報も盛り込んでお送りします。

171125_2017西日本B-1グランプリin明石

「B−1グランプリ」は、ご当地グルメで地域をPRする日本最大級のまちおこしイベント。今回の西日本大会は、兵庫県明石市の明石公園で、11月25日(土)・26日(日)の2日間開催されています。開催時間は、9時30分から15時30分です。

出展団体は、24団体。そのうち7団体は、西日本以外からのゲスト団体です。グルメをいただいた後は、お箸を使って投票をすることができ、投票結果により、グランプリの団体が決まります。ゲスト団体と地元のホスト団体は、投票対象外となります。

極もんブログは、これまでに2011年の姫路大会(兵庫県)と2013年の豊川大会(愛知県)をレポート。今回は、4年ぶり3回目の訪問で、地方大会は初めてとなります。

[9時03分]開会式
B-1グランプリ会場の明石公園は、JR・山陽明石駅から北へすぐの所。ここは明石城がある公園です。開会式は、西芝生広場のステージで行われ、兵庫県知事や明石市長も出席。テーマソングの歌唱もあり、大変にぎやかな式でした。「B-1ダァー!」の掛け声と共に開幕。

171125_2017西日本B-1グランプリin明石

[9時32分]チケット購入
出展グルメの購入は、イベントチケットが必要です。まず、西芝生広場の売場でイベントチケット(10枚つづり:1,000円)を2冊購入しました。チケットは、1,000円単位で買わないといけないのですが、余っても周辺の利用協力店(飲食店、物販店他)で使える仕組みになっています。

171125_2017西日本B-1グランプリin明石


[9時50分]シシリアンライス(佐賀市はシシリアンライスdeどっとこむ)
入り口から近い西芝生広場のグルメは、すぐに長い行列ができ出したので、協会駐車場会場へ移動。そこで、1品目のグルメ。待ち人ゼロだったので、佐賀の「シシリアンライス」(チケット4枚)を購入しました。

いずれ佐賀でいただこうと思っていたシシリアンライス。これは飲食店のまかない料理から生まれたのだそう。ご飯の上にレタスなどの生野菜がのり、さらにその上に甘辛い味付けの牛肉とタマネギがのっています。上は正に牛丼の味。そこにマヨネーズがかかったサラダが加わり、とてもさっぱりした味わいです。

171125_2017西日本B-1グランプリin明石・シシリアンライス

[10時09分]小浜ちゃんぽん(小浜ちゃんぽん愛好会)
2品目は、同会場の「小浜ちゃんぽん」(チケット5枚)に並びました。10分待ちの表示で、13分でいただけました。

171125_2017西日本B-1グランプリin明石・小浜ちゃんぽん

小浜ちゃんぽんは長崎県雲仙市の小浜温泉の名物。具だくさんで、うまみたっぷりのスープ。長崎ちゃんぽんとあまり変わらないと感じましたが、あっさりスープが基本なのだそう。また、海鮮が豊富なのも特徴ということで、干しエビが入っていて、いいアクセントでした。

171125_2017西日本B-1グランプリin明石

[11時02分]待ち時間情報掲示板
まだ、この時間では、待ち時間が短いグルメがたくさんありました。

171125_2017西日本B-1グランプリin明石・待ち時間情報掲示板

2品をいただいたところで、少し休憩ということで、周辺へ出かけていましたが、戻るとお昼時で、多くのグルメが新たに並べない「行列制限」の状態になっていました。そのため、一旦、特別公開されている明石城のやぐらを見に行くことにしました。

[13時07分]千畳芝会場
B-1グランプリに戻り、投票対象外のグルメが集まっている千畳芝会場の様子を見に行ってみることにしました。この会場だけ、結構離れた場所にあります。着くと、ここも大にぎわい。すでに、「十和田バラ焼き」と「なみえ焼そば」が提供終了となっていました。他のグルメは、ほとんどが行列制限です。

171125_2017西日本B-1グランプリin明石・待ち時間情報掲示板

[13時12分]津ぎょうざ(津ぎょうざ小学校)
そんな中、3品目。行列制限だった「津ぎょうざ」(チケット3枚)の制限が解除されたので、並ぶことに。大変な行列でしたが、結構進むのが速く、20分程でいただくことができました。

171125_2017西日本B-1グランプリin明石

171125_2017西日本B-1グランプリin明石

長さ15cmもの大きな揚げ餃子。外は大変パリパリ。中は、豚やタマネギのうまみたっぷりで、かじると肉汁がしたたり落ちます。三重県津市の学校給食から生まれた名物ということで、毎大会、大人が小学生の格好をしてのパフォーマンスが行われており、これがまた抜群におもしろいです。

171125_2017西日本B-1グランプリin明石・津ぎょうざ

[14時17分]待ち時間情報掲示板
終了したグルメもありますが、ピークが過ぎて少し落ち着いてきました。

171125_2017西日本B-1グランプリin明石・待ち時間情報掲示板

[14時21分]とくしま豆天玉焼き(とくしま豆天玉連)
続いて4品目。東芝生広場会場の「とくしま豆天玉焼き」(チケット4枚)の待ち時間が短いということが掲示板で分かったので、同会場へ移動。5分待ちの表示でしたが、3分でいただくことができました。

171125_2017西日本B-1グランプリin明石・とくしま豆玉天焼き

徳島市の名物。こんなパリパリするお好み焼きは初めてです。小エビを油で揚げた天ぷらが入っており、これが音が鳴るくらいパリパリしてくせになりそうです。また、甘く煮込んだ金時豆が入っているのも特徴。この豆の部分は個人的には苦手に感じました。

[14時49分]投票所
ここで投票することに・・。投票所は各会場にあり、お箸を投票箱に入れます。1日1人1膳までで、1本ずつ別の所に投票することも可能。味だけでなく、PR活動のパフォーマンスなども含めて、良いと思ったところに投票するとのこと。うまかった上、斬新だった「シシリアンライス」の「佐賀市はシシリアンライスdeどっとこむ」に2本とも投票しました。

171125_2017西日本B-1グランプリin明石

[14時59分]鳥取とうふちくわ膳(鳥取とうふちくわ総研)
さらに5品目。西芝生広場の「鳥取とうふちくわ膳」(チケット4枚)が10分待ちなので並ぶことに。7分でいただくことができました。

171125_2017西日本B-1グランプリin明石・鳥取とうふちくわ膳

とうふちくわは、すり身と豆腐を混ぜて作られるちくわ。ふわふわで豆腐のクリーミー感が味わえます。たこ入りやコーン入りの揚げとうふちくわも付いており、どれもできたての熱々でいただけました。これでちょうど2,000円分を使い終わり、1日目終了です。

[2日目・17時03分]閉会式(11月27日追記)
2日目夕方、あかし市民広場にて閉会式が行われ、投票結果を発表。「今治焼豚玉子飯世界普及委員会」がゴールドグランプリ(優勝)となりました。

171126_2017西日本B-1グランプリin明石・閉会式

シルバーグランプリ(2位)は、「出雲ぜんざい学会」、ブロンズグランプリ(3位)は、「津山ホルモンうどん研究会」、4位は「対馬とんちゃん部隊」、5位は「田川ホルモン喰楽歩」でした。また、審査委員特別賞に「鳥取とうふちくわ総研」と「佐伯ごまだしうどん大作戦」が選ばれました。

最後は、参加者が肩を組みながら、エンディング恒例の曲「この街と」を歌唱。感動の中、幕を閉じました。


〜B-1グランプリ出展グルメのお取り寄せ〜
津山ホルモンうどん4人前セット 1,263円 ひるぜん焼きそば(3食入) 864円 勝浦タンタンメン(3食入) 864円
マルモ食品工業さんの富士宮やきそば 8食セット 2,160円 十和田バラ焼き(250g) 540円 武田食品 マルト 甲府鳥もつ煮(150g×5袋入) 3,456円【送料無料】


■関連記事
B−1グランプリ in 豊川−極もん遠征中!2013秋2
(豊川大会1日目)
B−1グランプリ in 豊川−極もん遠征中!2013秋3(豊川大会2日目)
極もん遠征中!2011秋(1)−B−1グランプリ in 姫路(姫路大会1日目)
極もん遠征中!2011秋(2)−B−1グランプリ in 姫路(姫路大会2日目)
posted by 極もん at 03:55 | Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

ビッグジョッキの”元祖ラーメンサラダ”[北海道遠征レポ]

以前の北海道遠征取材旅から、「ビッグジョッキ」の「元祖ラーメンサラダ」をご紹介します。

150309_ビッグジョッキ「元祖ラーメンサラダ」

ビッグジョッキ」は、札幌グランドホテル内にあるビアホール・レストラン。北海道の新鮮な海の幸や山の幸を工場直送の生ビールや種類豊富な日本酒、ワインなどと共にいただけるお店です。

こちらが、「ラーメンサラダ」発祥のお店として有名ということで、いただきに訪問することにしました。札幌グランドホテルへは、JR札幌駅から南へ延る「札幌駅前通地下歩行空間」を歩いて約8分。地下直結のため、天候が悪い時でも快適にアクセスできて便利です。列車で札幌に着いて、直後の夕食に訪問しました。

150309_ビッグジョッキ

ラーメンサラダは、1985年のビッグジョッキオープン当時の料理長が「サラダ感覚で味わえるラーメン」として考案。それ以来、同店の人気看板メニューになると共に、道内に広がり、今やすっかり居酒屋やレストランの定番メニューになったとのこと。また、家庭や学校給食でもよく食べられているのだそうです。

150309_ビッグジョッキ「元祖ラーメンサラダ」

いただいてみますと、特製のドレッシング(フレンチドレッシングと中華ドレッシングを合わせたもの)で味付けされており、とてもさっぱり。それでありながら、麺にしっかりとした味がからみ、またエビやムール貝も入っていて、とても食べ応えがあります。さっぱりしているので、もっとたくさん食べられそうな感じがしました。価格は1,100円。

サイドメニューとしていただける「ミニラーメンサラダ」(280円)もあります。また、店頭や通販で「ラーメンサラダドレッシング」(584円)が販売されています。


札幌グランドホテル ラーメンサラダセット(6食入) 3,240円【送料無料】 札幌生まれのラーメンサラダ ごまマヨネーズ味(2皿分) 319円
ラーサラ三郎(2食入)
ラーサラ三郎(2食入)
432円
ベル食品 ラーメンサラダ焙煎ごまだれ(215g) 270円


■関連記事
青春18きっぷで大阪から札幌へ−遠征中!’15春旅1−3
(当日の旅日記)
posted by 極もん at 03:55 | Comment(0) | グルメ[北海道] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


ピョンチャンオリンピック2018 テレビ各局テーマ曲 >>