ビックカメラ【アウトレット品&在庫処分】    ダイエー楽天市場店

子年の初詣に・・狛ねずみがいる大豊神社(京都)

2010年01月17日

阪神大震災から15年

今日、あの阪神大震災から丸15年を迎えました。

大学生だった当時から、もう15年が経ったなんて、あまりにも早くて驚くばかりです。震災当日、大阪で大きな揺れを体験したにもかかわらず、当日、試験だったため、まだ大学(兵庫県内)へ行こうとしていたことが、この間のことのように思い出されます。

今年は節目の年なので例年より震災関連番組が多いようです。昨日はドキュメンタリードラマ「神戸新聞の7日間〜命と向き合った被災記者たちの闘い〜」(フジテレビ)を見て感動するとともに、当時の感情がよみがえってきました。

被災した神戸新聞が協定を結んでいた京都新聞の協力を得て、新聞を発行したことは知っていましたが、社員が山間部を通って京都まで移動したことや、結局、締め切りまでに到着できず、震災当日の夕刊が京都新聞社員の手によってレイアウトされたことなど、知らなかった事細かなことも再現されていました。

再現ドラマの随所には、実際の報道映像が挿入されており、ストーリーと相まって、大変リアルに当時の記憶や感情がよみがえりました。発生からしばらく、神戸の惨状に神戸以外の者が気づいてなかったことや、神戸のことが報じられ始めて絶望感を覚えたことなど・・。

このような番組がプライムタイムに放送されたことは大変素晴らしいことと思います。年々、関連番組は少なくなっていますが、忘れてはならない記憶をとどめるためにも、このような番組を見ることは大切だと思いました。


■関連記事
阪神大震災から12年
阪神大震災 13回目の「この瞬間に祈る」
posted by 極もん at 07:10 | Comment(0) | TrackBack(5) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

阪神・淡路大震災から15年 『神戸新聞の7日間』 〜被災地に生きた記者達の闘い〜
Excerpt: 『2010年1月、阪神・淡路大震災から15年…。 神戸新聞の新聞記者たちが、本社崩壊という危機に直面しながらも、 がれきの中で新聞を作り続けた闘いの模様を描くドキュメンタリードラマを放送! 主人公の神..
Weblog: ブルー・カフェ
Tracked: 2010-01-17 23:59

「神戸新聞の7日間」感想&阪神大震災15年追悼
Excerpt: 今日(1/17)は、阪神・淡路大震災の起こった日ですね。あれから15年経ちました。私は、あの日、テレビでニュース映像を見ただけですが、現実とは思えないくらい、悲惨な状況でした。まるで燃え盛る戦争映画の..
Weblog: ショコラの日記帳
Tracked: 2010-01-18 08:55

「阪神・淡路大震災から15年 神戸新聞の7日間」感想
Excerpt: 1/16放送フジテレビ『土曜プレミアム特別企画 阪神・淡路大震災から15年 神戸新聞の7日間 〜命と向き合った被災記者たちの闘い〜』の感想。15年前、私は東京にいたが義弟が被災したから、あの朝の寒さと..
Weblog: ディレクターの目線blog
Tracked: 2010-01-18 10:24

フジテレビSPドラマ「阪神・淡路大震災から15年 神戸新聞の7日間〜命と向き合った被災記者たちの闘い〜」(お薦め度★★★★)
Excerpt: 素晴らしいドラマでした。全編涙が止まりませんでした。これほど泣かされるとは全く予
Weblog: erabu
Tracked: 2010-01-18 20:29

阪神・淡路大震災から15年「神戸新聞の7日間」〜命と向き合った被災記者達の闘い〜
Excerpt: とても、いいドラマでした。 翔くんが出ているから、絶対に観ようというのが当初の一番のモチベーションだったことは確かなんですけれど、観ているうち、ひきこまれてしまって。当時のいろいろな気持ちを思い出し..
Weblog: タル★タル ソース♪♪
Tracked: 2010-01-18 20:35



尼崎の新名所・再建工事着々「尼崎城」 >>