出前、宅配は楽天デリバリーから!    駅名からホテルを検索

【1000記事記念】旅先で出会った街角にゃんこ[猫特集]
北京2022オリンピック テレビ各局テーマ曲
2010年08月10日

新しい京都・夏の風物詩「京の七夕」

昨日は、「京の七夕」を見てきました。

100809_京の七夕・堀川

京の七夕」は、旧暦の七夕に合わせて開催される京都の新しい夏のイベント。観光客数が落ち込む五山の送り火前の期間を盛り上げようと、今年から始まりました。堀川と鴨川の2会場でLEDの光による幻想的な演出が楽しめます。

今回は、堀川会場を中心に見てきました。堀川会場は、昨年に水流が復活し、遊歩道も整備されたばかりの堀川をうまく活用しています。

スタート地点は、地下鉄二条城前駅を上がってすぐの所。ここから約1.6km(押小路橋から一条戻橋まで)を北向き一方通行で歩き進めます。

100809_京の七夕・堀川
▲スタート地点は、二条城のすぐ近く。

川面には、LEDで青色に光る球体「いのり星」が流されているほか、区間ごとに「竹と光のアート作品」や「光の友禅流し」などの演出が楽しめます。

100809_京の七夕・堀川
▲まずはずらりと並んだ七夕飾り。

100809_京の七夕・堀川
▲光で演出されたカラフルな友禅流し。

100809_京の七夕・堀川
▲友禅流しは、染色した生地の余分な染料を流し落とす作業。かつて実際にこの堀川で行われていた。

100809_京の七夕・堀川
▲昨年復活したこの堀川の水流は、琵琶湖疎水分流から賀茂川をくぐり引かれている。

そして、最大の注目は、約80mにも及ぶ竹のアーチに天の川を表現した「光の天の川」。約8万個のLEDを使用したダイナミックな光の演出が楽しめます。

100809_京の七夕・堀川
▲最大の見せ場は、約8万個のLEDを使用した天の川のトンネル。

100809_京の七夕・堀川

京の七夕は、8月6日(金)から五山の送り火前日の15日(日)まで開催(鴨川会場は14日まで)。点灯時間は午後7時〜9時30分までです。

100809_京の七夕・鴨川
▲鴨川会場


京都堀川の昔ながらのぷりん 2,940円【送料無料】 るるぶたびちょこ京都
るるぶたびちょこ京都
650円
京都いま評判のうまい店430軒(2011年版) 998円

posted by 極もん at 23:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
Kyoto no Tと申します。

堀川会場の光の天の川はきれいでしたね。
来年以降も開催されて、夏の京都の定番行事となってほしいですね。
Posted by Kyoto no T at 2010年08月15日 11:27
Kyoto no Tさん、はじめまして。
テレビの生中継でたまたま知って行ったのですが、ほんまきれいでした。

来年以降も開催されることをすでに信じておりますが、きっと定番になってくれるでしょう。
Posted by 極もん at 2010年08月15日 19:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック



北京2022オリンピック テレビ各局テーマ曲 >>