出前、宅配は楽天デリバリーから!    駅名からホテルを検索

【1000記事記念】旅先で出会った街角にゃんこ[猫特集]
北京2022オリンピック テレビ各局テーマ曲
2012年03月30日

極もん遠征中!2012春[2](1)−長野電鉄撮影の旅

春の遠征第2弾スタートです。今回は、3月31日で引退する長野電鉄の元特急車両2000系を撮影するため、長野にやって参りました。

●1日目の極もん
【3月28日(水)】

16時5分 新大阪発
今回も都合により遅くなったが、青春18きっぷを使い、新快速長浜ゆきで出発。東へ向かうというのは輝かしい。東京の方向だからか?

19時0分 名古屋発
名古屋からは310円を支払えば、18きっぷでも乗車できる「セントラルライナー」に乗車。全車指定席。券売機で券を購入すると、自動的に席が決められて発券された。ライナー列車に乗ったのは生まれて初めて。

120328_セントラルライナー・名古屋駅

20時8分 中津川駅
中津川に着き、すぐ横の普通塩尻ゆきに乗らないと、今日中に長野に到着できないのであるが、大きなミス。毎度のように、乗る列車を撮影していたところ、案内放送もなく扉が閉まり、スッと発車して行ってしまった。仕方なく改札を出て、駅備え付けの時刻表を見て対策を練る。特急「しなの」に乗ると今日中に行けるが、4千円以上かかるので却下。後の松本ゆきに乗り、松本で泊まることにする。

20時41分 アピタ
まだ、松本ゆきまで1時間程待たないといけないので、周辺を歩く。すると、「アピタ」というショッピングセンターを見つけ入る。しかし、あと少しの21時で閉店。スーパーの売り場でスイーツだけ買う。ちなみに中津川は、5年前、わざわざ中央本線を使って東京へ行った際に、90分程の接続待ちがあり、街を歩いたことがある。

21時5分 中津川駅
あとは駅の待合室で待つ。この間、新大阪で買ったおにぎりを食べる。

21時30分 中津川発
普通松本ゆきで出発。

23時33分 松本着
松本に着き、何の情報もないまま夜の街に放り出される。駅前を歩き回って、宿代わりのネットカフェを探す。コンビニ2軒で尋ねると、駅前にネットカフェは全くないとのこと。

25時5分 ドーミーイン松本
たまたま限定で3,900円で泊まれるとの看板を出しているホテルがあったので、この際泊まってみようと決心し中へ入る。しかし、満室の立て札があった。歩き回っている際に「スーパーホテル」でも、満室とドアに貼ってあったのを見ている。これにて、24時間営業の飲食店をはしごして朝を待つことに決定。

25時13分 おはしカフェガスト
「おはしカフェガスト」に入る。オムライスをサラダバー・スープバー付のセットで注文。入ってから分かったが、サラダバーがあるなら、滞在時間が長持ちしそう。結局、朝まで4時間程滞在し、サラダ5皿、スープ4杯を食べ飲みした。持ってる資料だけの範囲だが旅の計画をたてることもできた。マカロニサラダと塩ダレドレッシングがうまかった。

120328_おはしカフェガスト「とろとろ地養卵ときのこのオムライス・サラダバーAセット」

120328_おはしカフェガスト・サラダ・スープ

1日目の出費・・
デイリーイン 爆弾むすびチャーハン 180円
JRセントラルライナー乗車整理券 310円
アピタ ヴァンヴェール ワッフル餡子 180円(おつとめ品48円引き)
おはしカフェガスト とろとろ地養卵ときのこのオムライス・サラダバーAセット 1,151円
おはしカフェガスト 深夜料 115円
<合計:1,936円>

1日目の万歩計・・
15,232歩


続いて2日目の遠征日記。今回の目的である長野電鉄2000系の乗車と撮影をしました。

●きのうの極もん
【3月29日(木)】

5時23分 おはしカフェガスト発
深夜を過ごしたファミレスを出発。

5時35分 アクセスチケット
昨日、歩き回った時に見つけた金券ショップの自販機で、長野までの乗車券を買う。定価より100円安い。

5時47分 松本駅
もっと早くに出る列車もあるが、折角なのでかつて特急「あさま」に使用された車両189系で運行される快速「おはようライナー」に乗ることに。待合室などで待つ。

7時10分 松本発
「おはようライナー」で長野へ向かう。ライナー料金は300円で全車自由席。

120329_おはようライナー・松本駅

8時9分 長野着
高校の「スキー学校」の帰りに寄って以来、21年ぶりの長野駅前。新幹線が通り、寺院風の駅舎はなくなっている。信号のメロディーは変わりなく懐かしい。

9時3分 ネットカフェ
とりあえずネットカフェに入り、まだ調べられてなかった長野電鉄の撮影地やグルメ情報を検索。

11時0分 アクセスチケット
金券ショップに寄り、念のため長野電鉄を含む1日乗車券が売ってないか確かめるが、なかった。

11時18分 長電長野発
長野電鉄の駅で2日間有効のフリー乗車券と、長電2000系デザインの七味唐辛子缶を買う。そして、ホームに下りて、かつてスキー学校の帰りに、ここで見て撮影もした2000系に再会。引退目前ということで活発な定期運行がこの数日行われている。初乗車して須坂へ。

120402_八幡屋礒五郎 七味唐からし電車缶
▲長野ではおなじみの七味唐からし缶の2000系がデザインされたバージョン(4月4日写真追掲載)。

11時43分 須坂着
須坂停車中に車内外くまなく撮影。折り返し発車を見送って、昼食に行くことに。

120329_長野電鉄2000系
▲長野電鉄2000系

120329_長野電鉄須坂駅
▲須坂駅

12時34分 かねき
須坂駅から歩いてわずかの「かねき」で須坂名物「みそすき丼」を食べようと思ったが、早くも完売との貼り紙が・・。ならば別のみそすき丼の店をと思い「ゆるり」を探すが、なかなか見つからない。蔵造りの古民家がたくさん残る街。

120329_須坂

13時15分 松屋
あきらめて、駅へ戻ろうとしたところ、地図情報を持ってなかった別のみそすき丼をやっている店「そば処松屋」を偶然見つける。ここでもちろん、みそすき丼を食べる。

120329_そば処松屋「みそすき丼」

14時20分頃 須坂駅
14時48分発から再び2000系に乗車。その直前、関西で有名な鉄道好き女性タレントに似た人物があわてて改札口を入ってくるのを発見。2000系に同乗し、その方は御布施で下車した。そのあと、本人と確信。

120329_長野電鉄2000系・車内
▲ファンで、にぎわう2000系車内

15時33分 信州中野発
信州中野で折り返し2000系に乗車。すると、また御布施からその女性が乗ってきた。添乗音を長野まで録音。

16時30分 長野着
長野に着き、その女性が駅から去るのを目撃。

16時30分 長野発
折り返し2000系で須坂へ。先頭を誰も陣取ってなかったので、自分が陣取り動画を撮影。

120329_長野電鉄2000系

16時56分 須坂着
須坂に着き、本日の2000系の運行終了。隣接の車庫に入るのを見届ける。

120329_長野電鉄2000系・1000系・2100系・須坂駅
▲車庫に入り、現役特急車と並ぶ。

17時37分 須坂発
今日の2000系撮影が終わり、休憩の乗車。ちょうど屋代線の列車が来ていたので、これに乗り往復する。3月31日で廃止になる屋代線に初乗車ながら睡眠。明日からまたじっくり乗る予定

19時6分 須坂着
屋代線を往復し、須坂に戻る。

19時42分 長野着
そして、元東急車の普通に乗って長野に戻る。

20時4分 サークルK
コンビニでグルメ本を見る。

20時34分 ながの東急
ながの東急の飲食街に上がってみる。

20時50分 ローソン
ローソンでSDカードに入ったネットカフェのクーポンを印刷しようとするが、BMP形式は非対応だった。

21時2分 ネットカフェ
ネットカフェでシャワーに入る。時間料金だけでシャワーが無料の店。ナイトパックは高いので泊まりには利用しない。

22時26分 JR長野発
安いネットカフェへ向かうため、JRに乗る。

22時31分 北長野着
長野の隣の駅なのに一転、自動改札がないローカルな駅。暗い住宅街を歩く。

23時18分 ネットカフェ着
セブンイレブンで弁当などを買ってから、今夜の宿代わりのネットカフェに入る。

きのうの出費・・
アクセスチケット JR乗車券 1,010円
JRおはようライナー乗車整理券 300円
ネットカフェ(1時間45分) 660円
長野電鉄 フリー乗車券 2,260円
八幡屋礒五郎 七味唐からし 電車缶 400円
そば処松屋 みそすき丼 840円
ネットカフェ(1時間) 400円
JR運賃 180円
セブンイレブン ウィンナーとベーコンの大盛ペペロンチーノ 450円
セブンイレブン ブリトー ハムチーズ 210円
ネットカフェ 入会金 300円(後払い予定)
ネットカフェ ナイトパック(8時間+2時間サービス) 1,500円(後払い予定)
<合計:8,510円>

きのうの万歩計・・
22,100歩
   
それぞれの詳細レポートは後日お送りする予定です。
【詳細レポート】
長野電鉄 初代特急車両2000系 引退(RB・5月29日)
【長野遠征レポ】須坂新名物「松屋」の”みそすき丼”(7月21日)



タグ:鉄道 長野
posted by 極もん at 06:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック



北京2022オリンピック テレビ各局テーマ曲 >>