出前、宅配は楽天デリバリーから!    駅名からホテルを検索

【1000記事記念】旅先で出会った街角にゃんこ[猫特集]
北京2022オリンピック テレビ各局テーマ曲
2012年12月05日

エキマルシェ大阪「野菜を食べるカレー camp」

先日は、「エキマルシェ大阪」にオープンした「野菜を食べるカレー camp」で「1日分の野菜カレー」をいただきました。

121130_野菜を食べるカレー camp「1日分の野菜カレー」

エキマルシェ大阪」は、10月31日、JR大阪駅のホーム下(ギャレ大阪跡)にオープンした82店舗からなるJR西日本エリア最大のエキナカ商業施設。グルメやファッションなど、5つのゾーンで構成されています。このオープンにより、大阪ステーションシティが全て完成したことになります。

121130_エキマルシェ大阪・JR大阪駅

今回は、先日の「かにチャーハンの店」に続いて、「野菜を食べるカレー camp」(キャンプ)を訪問しました。

「野菜を食べるカレー camp」は、東京・代々木に本店がある人気のカレー店です。野菜たっぷりのカレーが女性に受けて、エキナカへの出店に引っ張りだことなり、フランチャイズにより池袋駅、品川駅(エキュート品川サウス)にも出店。そして今回、大阪駅の出店により関西初進出となりました。

121130_野菜を食べるカレー camp エキマルシェ大阪店

店内は、キャンプをモチーフとし、アウトドアグッズがたくさんぶらさがっています。スコップ型のスプーンやお手ふきは飯ごうの中に、水は水筒の中に、そして、カレーはフライパンのまま出てくるというユニークなお店です。

121130_野菜を食べるカレー camp「1日分の野菜カレー」

注文したのは、看板メニューの「1日分の野菜カレー」(990円)。厚生労働省が推奨する1日の野菜摂取量と同等の350g以上が入ったカレー。野菜は、カレーの中で煮込むものでなく、注文が入ってから炒め、そこにカレーソースを加え、軽く煮た状態で提供されます。

具は、トマト、イエロートマト、レンコン、ナス、シシトウ、カボチャ、ジャガイモ、シメジ、エノキ、マイタケ、サツマイモ、パプリカ、コマツナの13種類の野菜と合挽肉。

121130_野菜を食べるカレー camp「1日分の野菜カレー」

こんなに野菜がどっかり入っていて、食べにくくないかと思いましたが、ジャガイモも皆、スライスされているので結構、食べやすいです。また、炒めたての野菜は、みずみずしさが味わえます。ただ、フライパンのままなので、ものすごく熱く、猫舌の方は要注意です。

カレーソースは、とっても濃厚でスパイシー。5辛(1辛ごとに20円増し)まで指定できる辛さは、標準にしましたが、ちょっと辛口です。ご飯は無料で大盛りにできるということで大盛りにしましたが、ちょうど良い量でした。

121130_野菜を食べるカレー camp エキマルシェ大阪店

「1日分の野菜カレー」に、トッピングの鶏手羽煮込(2本・150円)をのせた「完全食セット」(1,140円)は、栄養バランスがさらにアップとのこと。温泉卵(100円)のトッピングもできます。


カレースコップ
カレースコップ
399円


〜売れ筋!カレーのお取り寄せ〜
函館・五島軒の極上ほぐし肉カレー(4食入) 1,000円【送料無料】 柔らかチキンのスープカレー 4食お試しセット 2,000円【送料無料】
牛すじカレー専門店「戸紀屋」の
こだわり牛すじカレー 3パックセット 1,980円 世界料理オリンピック銅メダルシェフの作る
「噂の旅館カレー」(お試し2食セット) 1,680円【送料無料】


■関連記事
エキマルシェ大阪「かにチャーハンの店」
posted by 極もん at 01:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック



北京2022オリンピック テレビ各局テーマ曲 >>