ビックカメラ【アウトレット品&在庫処分】    ダイエー楽天市場店

子年の初詣に・・狛ねずみがいる大豊神社(京都)

2014年02月13日

二見興玉神社と夫婦岩−極もん遠征中!2013冬3

12月の伊勢遠征取材旅3日目(最終日)は、二見浦の二見興玉神社を訪れ、有名な夫婦岩を見ました。

たびノート・旅の予約は楽天トラベル
●3日目の極もん
【12月12日(木)】

6時12分 無料モーニング
ネットカフェで、無料モーニングを注文していただく。

131212_無料モーニング

10時15分 ネットカフェ発
ネットカフェを出発し、近鉄宇治山田駅へ向かう。

伊勢の大きな道路沿いには、石灯籠が建ち並んでいる。灯籠と言えども、夜に照明が灯らないのだが、耐震対策のため、順次建て替えられており、新しいものは太陽光発電で灯るLED照明が組み込まれているそうだ。

131212_三重県道37号線・石灯籠
▲石灯籠が建ち並ぶ伊勢の道路。

10時35分 宇治山田駅
改めて、昭和初期建築の重厚な宇治山田駅舎を撮影。

131212_近鉄宇治山田駅

131212_近鉄宇治山田駅

131212_近鉄宇治山田駅

10時52分 タイムズプレイスうじやまだ
駅ナカ商業施設「タイムズプレイスうじやまだ」内にある鉄道ジオラマを撮影。宇治山田駅、五十鈴川駅、伊勢神宮内宮・外宮や、おはらい町、河崎の街並みまで再現されている。

131212_タイムズプレイスうじやまだ・鉄道ジオラマ

131212_タイムズプレイスうじやまだ・鉄道ジオラマ

11時25分 伊勢市駅
JRで二見浦に行くため、宇治山田駅から歩いて約5分の伊勢市駅へ。しかし、うっかり、1時間に1本しかないJR普通列車の時刻表を確認していなかったため、タイミング合わず。

11時34分 宇治山田駅
観光特急「しまかぜ」が来る時間なので、一旦、歩いて宇治山田駅に戻り、撮影をすることにする。11時41分、名古屋からの「しまかぜ」が入線。伊勢志摩ライナーなども撮影。そして、近鉄で伊勢市駅へ移動。

131212_近鉄50000系「しまかぜ」・宇治山田駅
▲しまかぜ

12時13分 伊勢市駅
伊勢市駅では、難波からの「しまかぜ」が12時14分に到着し撮影。一旦、改札を出て、JRの切符を買い、列車を待つ。ここは、JR・近鉄共同使用駅なので、同じ改札内に両社のホームがある。

131212_近鉄50000系「しまかぜ」・伊勢市駅

12時45分 伊勢市発
JR参宮線(普通鳥羽ゆき)に乗って、2駅先の二見浦へ向かう。キハ11形気動車の1両編成。

12時57分 二見浦駅
二見浦に着く。観光地の名称としては、「ふたみがうら」であるが、駅名は「ふたみのうら」と読む。夫婦岩をモチーフにしたという近代的な
ガラス張りの駅舎が雰囲気に合わない。

131212_JR二見浦駅
▲一見、開き戸のように見える駅のドアだが、実は引き戸だった。

131212_JR二見浦駅
▲鳥居とガラス張りの駅舎がミスマッチ。

13時7分 扇屋
伊勢市観光協会のブログで知った駅からすぐの「扇屋」で、「うにソースのオムレツ定食」をいただく。古い木造の旅館を改装したおしゃれなお店。

131212_扇屋「うにソースのオムレツ定食」

14時0分 御福餅本家
「御福餅本家」(本店)の前を通る。赤福餅にそっくりのお餅を販売するお店だが、約270年も経てば、もはや伝統。2007年、偽装問題で赤福が販売休止になった際、御福餅の売り上げが急増して話題になったことを思い出す。そんな御福餅本家のすぐそばには、マークするかのように赤福の支店もある。

14時11分 賓日館
旅館街にある「賓日館」(ひんじつかん)の外観を撮影。賓日館は、明治20年、伊勢神宮に参拝する皇族や各界要人の休憩・宿泊施設として建てられた。国指定重要文化財であり、現在は見学施設となっている。

131212_賓日館

14時21分 二見興玉神社
夫婦岩で有名な二見興玉(ふたみおきたま)神社へ。崖下の海べりにある神社。風が強く、波しぶきが境内に打ち上がる。カエルが、御祭神である猿田彦大神の使いだったとされるため、境内の至る所にカエルの置物がある。

131212_二見興玉神社

本殿にお参りして、いよいよ夫婦岩の目の前へ。何とも素晴らしい情景。夫婦岩にも手を合わす。

131212_二見興玉神社・夫婦岩


【動画】YouTube極もんチャンネル
夫婦岩をじっくり撮影いたしました・・


131212_二見浦

14時54分 二見プラザ
水族館「二見シーパラダイス」に隣接する商業施設「二見プラザ」へ。当初予定では、この中の夫婦岩を見ながら休憩できるという喫茶「ウェーブ」でモーニングをいただく予定だったが、午後になってしまった。午後ならケーキセットでも良かったが時間がなくなってしまった。伊勢うどんやてこね寿司が食べられるお店もある。ここにも赤福が出店。

131212_ウェーブ
▲夫婦岩が見える喫茶「ウェーブ」。

15時48分 二見浦駅
二見浦駅へ戻り、JRで次は鳥羽へ向かう。

16時17分 鳥羽駅
3駅先の終着駅、鳥羽で下車。

鳥羽付近で近鉄「しまかぜ」を撮影する予定だったのだが、名古屋ゆきは既に通り過ぎ、難波ゆきが来るまではあと10数分しかない。慌てて線路沿いの好撮影地を探し、何とか見つけた直後に「しまかぜ」がやってきて撮影できた。

131212_近鉄50000系「しまかぜ」・鳥羽−中乃郷間

131212_鳥羽

16時39分 鳥羽一番街
鳥羽駅直結の商業施設「鳥羽一番街」に寄ろうと思ったが、休館日だった。

16時55分 近鉄プラザ
宇治山田駅でお土産に買う予定だった「二軒茶屋餅」が、鳥羽駅の近鉄プラザ(ファミリーマート)で売っていたので、先に買っておく。

17時26分 鳥羽発
近鉄の普通列車に乗り、鳥羽を出発。

17時41分 宇治山田駅
4駅先の宇治山田で下車。

17時49分 蜂蜜ぱんじゅう 松や
駅前の「蜂蜜ぱんじゅう 松や」で、お土産に「ぱんじゅう」を買う。あんなどが入ったパンと饅頭の合いの子。歴史ある郷土菓子。

18時2分 伊勢駅前商店街
伊勢駅前商店街を通ってみる。短い路地の商店街。伊勢では、このような商店街を至る所で見かける。入ってみると、ラーメン店の前に2匹のにゃんこがいた。

131212_伊勢駅前商店街

131212_伊勢駅前商店街・猫
▲ラーメン店の看板にゃんこ?

18時21分 いちし
夕食に、伊勢のご当地丼「御饌丼」(みけどん)をいただこうと、「いちし」へ行くが、定休日だった。その前に「若草堂」にも寄ったが、閉まっていた。

18時55分 駅の駅 寿司丸忠
予定を変更し、宇治山田駅・駅ナカの「」で、夕食をいただくことに。ここは伊勢だが、エビフライ、てんむす、きしめんと、名古屋名物満載のおもしろいセットがあったので、この「名古屋御膳」を注文。

131212_駅の駅 寿司丸忠「名古屋御膳」

19時49分 ぎゅーとらエディース
スーパー「ぎゅーとらエディース」八間通店へ行き、テレビ東京「出没!アド街ック天国」で紹介された地元民に一番人気という伊勢うどん(みなみ製麺)とタレ(マルキ商会)の組み合わせを買う。お土産用の伊勢うどんより安い。ただし要冷蔵の品。他のタレや、車中のお供におにぎり、スイーツも購入。

131212_ぎゅーとらエディース八間通店
▲伊勢の有名スーパー「ぎゅーとら」。


20時50分 宇治山田発
快速急行・上本町ゆきで帰路につく。車中で、おにぎりとスイーツを食べる。

23時0分 大阪上本町着
上本町に着き、伊勢遠征取材旅終了。

131212_伊勢のお土産
▲伊勢のお土産。

3日目の出費・・
近鉄 運賃 440円
JR東海 運賃 400円
扇屋 うにソースのオムレツ定食 1,000円
二見興玉神社 お賽銭 30円
ファミリーマート(近鉄プラザ) 二軒茶屋餅(10個入) 720円
蜂蜜ぱんじゅう 松や こしあん 60円×3
蜂蜜ぱんじゅう 松や つぶあん 60円×3
蜂蜜ぱんじゅう 松や カスタードクリーム 60円×3
蜂蜜ぱんじゅう 松や 沖縄紅いもあん 70円×3
駅の駅 寿司丸忠 名古屋御膳 1,280円
ぎゅーとらエディース みなみ製麺 みなみの伊勢うどん 横綱 80円×4
ぎゅーとらエディース みなみ製麺 伊勢うどんのたれ(30ml) 40円×5
ぎゅーとらエディース マルキ商会 伊勢うどんのたれ(80ml) 126円×2
ぎゅーとらエディース ヤマモリ 伊勢うどんつゆ(5袋入) 157円
ぎゅーとらエディース 手作りおにぎり(しぐれ) 100円(見切り2割引)
ぎゅーとらエディース アンジュール 絹ごしプリンのロールケーキ 105円
<合計:5,754円>
※近鉄 宇治山田−大阪上本町間の切符代は別。
<3日間の合計:15,979円>

3日目の万歩計・・
28,786歩
<3日間の合計:83,807歩>

それぞれの詳細レポートは後日お送りする予定です。


るるぶ伊勢志摩
るるぶ伊勢志摩
880円【送料無料】
食べるパワースポット「伊勢うどん」全国制覇への道 [ 石原壮一郎 ]
1,365円【送料無料】
伊勢遷宮福餅
伊勢遷宮福餅
735円
みなみ製麺 ふっくらもちもち 伊勢うどんお試しセット(6食・たれ付)
690円

posted by 極もん at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



尼崎の新名所・再建工事着々「尼崎城」 >>