ビックカメラ【アウトレット品&在庫処分】    ダイエー楽天市場店

子年の初詣に・・狛ねずみがいる大豊神社(京都)

2007年04月23日

なんばパークス グランドオープン!

大阪・ミナミの大型商業施設「なんばパークス」の2期エリアが完成し、4月19日グランドオープンしました。早速、当日に行って参りました。

070419_なんばパークス

南海電気鉄道が大阪球場跡地を再開発して、なんばパークスがオープンしたのは、平成15(2003)年10月。その後、2期エリアの建設が進められ、今回のオープンとなりました。面積は2.5倍に拡がって、今回新たに127店舗が出店、総店舗数は238店となりました。また、11スクリーンの複合映画館「なんばパークスシネマ」も誕生。名物の屋上庭園も広くなりました。

070419_なんばパークス

070419_なんばパークスシネマ

新規出店で注目の店舗を挙げると、トイザらスは、子供だけでなく大人も楽しめる商品を充実させた新業態の玩具店「トイザらス セレクト」を出店。旭屋書店は、マザー牧場の喫茶コーナーとカルチャーセンターを併設し、生活雑貨も扱う新業態店「Books&Culture KuLaSu season」(クラスシーズン)を出店しました。また、百貨店の高島屋は、29店からなる専門店街「T-terrace」(T‐テラス)を展開し、その中には、岩盤浴サロンを併設するフィットネスジムの大型店「ワウディー」もオープンしました。

070419_パークスビジョン

オープン当日の午後、南海難波駅から続く通路を通って、なんばパークス2階へ入ると、中孝介さんの特徴ある歌声が聞こえてきました。ちょうどこの時間、FM大阪「LOVE FLAP」の公開生放送が8階の円形劇場で行われている真っ最中で、その様子が2階の大型ビジョンに映し出されていました。

070419_円形劇場

公開生放送を生で見るには11時半から整理券をもらう必要があったのですが、外から少しは見えないかと8階へエレベーターで向かいました。同乗した他のお客はどこかで降りるのかと思ったら、皆さん8階へ。どうやら、同じ目的だったようです。しかし、完全に仕切られていて全く見えませんでした。ただ、マイクを通した音声は大きく聞こえていて、外で聴いている人がたくさんいました。DJは"キヨピー"こと谷口キヨコさんで、ゲストに前半が中孝介さん、後半に河口恭吾さんが登場し、生歌を披露していました。

070419_パークスガーデン

さて、なんばパークスの象徴で、何とも癒しの今の時代に合っているのは、屋上庭園の「パークスガーデン」。3階から9階まで段々畑のように庭園が続いているので、8階の映画館や6〜8階のレストラン街へ行くのに、下から庭園を観賞しながら上へ上がって行くのも良さそうです。これなら8階まで歩いて上がっても、全く苦痛になりません。各階の売場からすぐに庭園に出られるのも良いところです。新たに9階にすべり台などの遊具を備えた「はらっぱ広場」が開設されました。

070419_はらっぱ広場

070419_パークスガーデン

増床により、レストランフロアもグレードアップしました。これまでのフードテーマパーク「大阪ヌードルシティ 浪花麺だらけ2」は閉館し、2期オープンに合わせて、ご当地フードパークの「コバランチ」に生まれ変わりました。映画館の出口に近いため、映画館から出てきたお客が気軽に小腹を満たせるようにフードコートスタイルとなっています。麺だらけの時は入り口が入り組んでいて中に入りにくかったのが、一転して開放的な空間になりました。これで平日、がら空きだったのも解消となりそうです。

コバランチには、大阪初出店となる3店、宇都宮餃子「めんめん」、博多やきカレー「伽哩本舗」、軽井沢クレープリー「アンジェリーナ」のほか、佐世保バーガー「ビッグマン」など人気店が集められ。麺だらけ時代から残る店舗も含め、計11店が軒を連ねています。

070419_なんばパークス

070419_ステップガーデン

フードコート以外の飲食店も大幅に店舗数が増えました。その中でひときわ目立つお店がありました。ずらりと有名芸能人の名が付いた開店祝いの花が並んでいるお店です。「銀座 竹川」という洋食店なのですが、一体"何者"でしょう、と思っているうち、夕食時になると、入店待ちの行列ができていました。また、ワイン店がプロデュースするというカジュアルレストランの「アントルポ」では、店の前で試食を提供していました。「よろしかったらシャンパンお注ぎしましょうか。」という声も聞こえていました。珍しい光景ですね。また、食べ放題好きにうれしいバイキング店が4店も出店しました(食べ放題店の情報は後日に記事を掲載します)。

070419_銀座竹川 なんばパークス店

070419_アントルポ なんばパークス店 070419_せせらぎの杜

さて、ここでのお食事レポートとして、今回は「カレー食堂『心』」でいただくことにしました。先日の東京へ行った際に中目黒で行き損ねたお店なんです。後から大阪にも出店していることが判り、行こうと思っていたら、何ともタイミングよく、なんばパークスにオープン(大阪4店目)してくれました(詳しいレポートは明日の記事に掲載します)。

070419_なんばパークス
<開店祝いの花が次々と持ち去られていく・・大阪だけの光景か? 年配の女性も若い女性もやっている。見ていて気持ちいい光景ではない。(左) 1時間後にはご覧の有様に・・ 店員が掃除をしている。(右)>


posted by 極もん at 23:30 | Comment(4) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして^^

突然のコメント失礼いたします。

私の子育てサイトで、
こちらの記事を紹介させていただきましたので
ご連絡させていただきました。

該当記事は
http://satobeejp2000.blog101.fc2.com/blog-entry-72.html

これからもよろしくお願いいたします^^
Posted by ともべえママ at 2007年04月24日 09:26
ともべえママさん、はじめまして。
記事のご紹介ありがとうございます。佐世保関連ですか? 佐世保バーガーのお店に触れているからですね。最近、大阪にもちらほら佐世保バーガーのお店が出店していて、話題になっていますよ。

どうぞよろしくお願いします。
Posted by 極もん at 2007年04月25日 00:10
なんばパークスには行ったことがないので、surfしているうちに行き当たりました。興味深く拝見いたしました。

最後の花の持ち帰りは、多分大阪だけではないと思うのですが、商店が福をばらまくという意味で、通りすがりの人が持って帰る習慣なんですよね。

昔はよくお店の人も声をかけてましたよ。全部なくなったほうがいいんですって。老婆心ながら。
Posted by はじめましてですが、 at 2007年09月18日 23:45
はじめましてですが、さん、いらっしゃいませ!
花の持ち帰り、そんな習慣があったんですかぁ。今ではきっと、お店の人もそんなことは知らないと思いますよ。テレビでも、こんなんするの大阪だけやって言ってました。1990年の花の万博最終日ももう終わりやからええやんかと、植えてある花がごっそりとなくなったんです。

なんばパークス近々行かれるんですね。楽しんできて下さいね。このブログでは他にもパークスについてよく書いていますよ。
Posted by 極もん at 2007年09月19日 02:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

河口恭吾、平和の伝道師
Excerpt: 河口恭吾のアルバム「普通に生きてゆく事は意外と難しい」に収録されている「地球兄弟」がアジアの平和ソングとして広がり始めているそうです。すでに、日本を初め、中国、モンゴルなど7カ国、17組がカバーしてい..
Weblog: ニュースですYO!
Tracked: 2007-05-06 03:03



尼崎の新名所・再建工事着々「尼崎城」 >>