ビックカメラ【アウトレット品&在庫処分】    ダイエー楽天市場店

子年の初詣に・・狛ねずみがいる大豊神社(京都)

2016年08月18日

リオデジャネイロオリンピック2016 テレビ各局テーマ曲

連日、盛り上がりを見せているリオデジャネイロ五輪。ニッポン代表選手も大活躍し、テレビに釘付けです。その感動とともに耳にするのが五輪放送テーマ曲。今回も恒例の企画、テレビ各局の五輪テーマ曲をご紹介します。

NHK


NHKは、安室奈美恵を起用した。近年、英語を多用した洋楽テイストな曲を歌っている安室奈美恵が選ばれたのは意外。しかし、近年のイメージを覆し、日本語主体でしっかりメッセージを伝える曲となった。壮大なスケール感がある五輪らしい曲で、開幕前から話題になっている。

日本テレビ


日本テレビは、今回もお約束のように嵐となった。アテネ、北京、バンクーバー、ロンドン、ソチ〜と、夏・冬合わせて6回目(5回連続)の嵐起用だ。今回も嵐メンバーの櫻井翔がキャスターを務めている。今後も櫻井翔のキャスターが続く限り、嵐の曲が起用され続けるのだろう。

TBS


TBSは、アテネ、北京、ロンドン、ソチ〜と夏・冬合わせて5回目(3回連続)のSMAP起用となったが、新曲ではなく、2006年のシングル曲「ありがとう」となった。

TBSがよくやる既存の曲を使うというパターンだが、SMAPが独立騒動後、一度も新曲を出していないという事情があり、やむを得なかったのだろう。

今回もSMAPメンバーの中居正広がキャスターを務めている。そのため、曲もSMAPとしたかったのだろうが、過去には、それでありながら別アーティストの曲が起用されたこともあり、今回もそのパターンでも良かったように思うところ。

フジテレビ


フジテレビは、EXILEを起用した。疾走感のある曲。日本代表選手に聴いてもらって、最高のパフォーマンスを引き出せるような楽曲にしたいと、選手世代に支持されるEXILEに依頼したとのこと。

EXILEは、8年前の北京五輪でテレビ東京のテーマ曲に起用され、その際は既存の曲が使用されたが、今回は五輪のために書き下ろされた。作詞は、ボーカルのATSUSHIが担当。局をまたいで五輪曲を経験したアーティストは、SMAPに続く2例目となる。

テレビ朝日


テレビ朝日は、今回も福山雅治を起用した。 シドニー、北京、ロンドンソチ〜と、夏・冬合わせて5回目(3回連続)の起用。ソチ冬季五輪の際は、ロンドン夏季五輪と同じ曲であったが、今回は新曲が書き下ろされた。「1461日」は、ロンドン五輪からリオ五輪までの日数。

福山雅治自身もスペシャルキャスターとして、リオのスタジオで番組に出演している。

テレビ東京


テレビ東京は、和楽器バンドという異色のアーティストを起用した。和楽器とロックを融合させたバンド。「起死回生」は、数回聴けば、すぐ耳に残る躍動的な曲。

また、テーマ曲とは別に、中継応援ソングとして、同じく和楽器バンドの「ミ・ラ・イ」が使われている。オープニングなど、全般に「起死回生」がメインで使われているが、一部の提供バックや試合が終わった後のスタジオバックでは、しっとりとした「ミ・ラ・イ」が流される。



リオ五輪 各局のキャスター・主な出演者
日本テレビ 櫻井翔(タレント)
明石家さんま(タレント)
上田晋也(タレント)
田中理恵(元体操選手)
鈴木崇司アナ
上重聡アナ
水卜麻美アナ
徳島えりかアナ
TBS 中居正広(タレント)
高橋尚子(元マラソン選手)
小林由未子アナ
フジテレビ 宮澤智アナ
野村忠宏(柔道家)
高橋大輔(プロフィギュアスケーター)
小谷実可子(元シンクロ選手)
テレビ朝日 松岡修造(元プロテニス選手)
福山雅治(歌手)
寺川綾(元競泳選手)
吉野真治アナ
テレビ東京 小泉孝太郎(俳優)
織田信成(プロフィギュアスケーター)
照英(俳優)
秋元玲奈アナ
NHK 三瓶宏志アナ
杉浦友紀アナ
森花子アナ
澤田彩香アナ
上原光紀アナ


●記事中各曲のリンク先にて、試聴(一部除く)やCD・DVD購入ができます。


CD・DVD(楽天市場)

■関連記事
ソチオリンピック2014 テレビ各局テーマ曲
ロンドンオリンピック2012 テレビ各局テーマ曲
バンクーバーオリンピック テレビ各局テーマ曲
(各局歴代テーマ曲一覧掲載)
北京オリンピック テレビ各局テーマ曲(各局歴代テーマ曲一覧掲載)


―――2016年8月20日 追記―――
本編に、各局のキャスター・主な出演者一覧を追記しました。
posted by 極もん at 15:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



尼崎の新名所・再建工事着々「尼崎城」 >>