出前、宅配は楽天デリバリーから!    駅名からホテルを検索

【1000記事記念】旅先で出会った街角にゃんこ[猫特集]
北京2022オリンピック テレビ各局テーマ曲
2016年10月30日

難波「一芳亭」の”しゅうまい定食”

「一芳亭」の「しゅうまい定食」をご紹介します。

160517_一芳亭「しゅうまい定食」

一芳亭」(いっぽうてい)は、大阪・難波にある昭和8年(1933年)創業の老舗中華料理店。朝日放送「松本家の休日」に登場したのを見て知り、友達との食事の機会に訪問しました。とても大衆的な雰囲気のお店です。

こちらの名物は、なんと言ってもしゅうまい。松本家でもシュウマイをいただくことを目指して訪問しておりました。

160517_一芳亭本店

こちらのしゅうまいは、皮が黄色いのが特徴。これは、一般的な小麦粉で作られた皮ではなく、珍しい薄焼き卵で作った皮が使われているためです。戦後、小麦粉が手に入らず、薄焼き卵で代用したことが始まりなのだそうです。

しゅうまいに加え、松本家でいただいていた豚天とスープもいただきたいと思っていたのですが、ちょうど、それらがセットになった「しゅうまい定食」(750円)がありましたので、友達共々注文いたしました。

160517_一芳亭「しゅうまい定食」

早速いただいてみますと、こんなにとろけるシューマイ初めてです。何とも軟らかく、豚の味もしっかりしています。甘みを出すため、淡路島産のタマネギが使われているそうです。

そして、豚天は、外はサクサク、中は何ともジューシー。スープも、肉が一枚入っていて、その旨みがよく出ていて良い味わいでした。

160517_一芳亭本店

定食は、昼も夜もいただけます。今度は、「えび天定食」(900円)や「酢豚定食」(1,000円)などもいただいてみたいところです。

一芳亭は、この本店の他に、堺筋本町の船場センタービル2号館に船場店も出店しています。また、シューマイは高島屋大阪店や阪神梅田本店で販売されているほか、クール便による全国発送も行われています。

160517_一芳亭本店・定食メニュー


posted by 極もん at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



北京2022オリンピック テレビ各局テーマ曲 >>