ビックカメラ【アウトレット品&在庫処分】    ダイエー楽天市場店

2017年03月26日

惜別 ダイエー各店巡り(5) ヒカリ屋京都店編

ダイエー各店巡り、5店舗目は、昨年(2016年)末に完全閉店となったグルメシティヒカリ屋京都店をレポートいたします。

150600_グルメシティヒカリ屋京都店

2015年1月、イオンの完全子会社となり、2018年度をめどに屋号を無くす方針が示されているダイエー。「ダイエー」の屋号が消えるのは、大変残念でなりません。そこで始めたこの企画は、「ダイエー」の名があるうちに、ダイエー各店を巡り、記事上にダイエーの姿を記録しようというものです。

150600_グルメシティヒカリ屋京都店
▲鞍楽ハウディの2階に、衣料品のみ扱う店舗として出店していた京都店。

グルメシティヒカリ屋京都店(店番号:0842)は、京都市営地下鉄烏丸線 鞍馬口駅からすぐの所にあり、ダイエーの中で、ただ1軒しかなかった変わり種店舗でした。「グルメシティ」を名乗りながらグルメがなく、衣料品のみを扱うという店舗でした。

元々、ここはヒカリ屋京都店だった店舗。ヒカリ屋は呉服店が発祥の地場スーパーでした。そのヒカリ屋が2007年3月、ダイエー子会社のグルメシティ近畿(旧サカエ)と合併。総合スーパーだった瀬田店(滋賀県)、山科店(京都府)と共に、この京都店も「グルメシティヒカリ屋」の屋号となりました。それにより、衣料品しか扱わない「グルメシティ」が誕生したのです。

150600_グルメシティヒカリ屋京都店

グルメシティ近畿は、ダイエーがイオンの完全子会社となって以降の2015年3月にダイエー本体に吸収合併されています。そのため、それ以降、ダイエー直営店となっていました。

衣料品のみの店舗のため、ダイエーのプレスリリースで食品のセールなどが発表される度に、「グルメシティヒカリ屋京都店を除く」などと注釈が入れられていました。

150600_グルメシティヒカリ屋京都店

京都店に訪問したのは、2015年6月。大通りの烏丸通りに面した「鞍楽ハウディ」という商業施設の2階にテナントとして入っていました。周辺は、商業施設が少なく、住宅地が広がる地域です。

ビルの外側には、ダイエーのマークと大きな文字で「衣料品専門店」と表記されています。マーク下に「ヒカリ屋」の文字があり、「グルメシティ」は省略されています。

150600_グルメシティヒカリ屋京都店

ヒカリ屋がある2階へエスカレーターで上がると、正面には、ダイエーのマークと「サンライズプラザ ヒカリ屋」の文字。これはダイエー系になる前からの名称でしょうか?

150600_グルメシティヒカリ屋京都店
▲旧ヒカリ屋時代からの買い物かごが使われていた。

150600_グルメシティヒカリ屋京都店レシート 売り場を見てみますと、他のダイエーの衣料品売り場よりも、かなり小さい面積のフロアです。値札など表記類は他のダイエーと同じですが、他のダイエーで導入されているレジシステムが導入されてないようで、ポイントカードは使えず、その代わりにスタンプカードが発行されていました。

靴下を買って、レシートをいただいてみますと、他のダイエーと異なる独自仕様のものでした。レジ袋は他のダイエーと同じのもの。営業時間は、10時から19時30分まででした。

1階と地下1階には、ダイエーとは関係のない鞍楽ハウディの食料品売り場があり、もし間違えて食品を買いに来る人がいても、混乱を回避できる状況にはなっていました。

161200_グルメシティヒカリ屋京都店

161200_グルメシティヒカリ屋京都店
▲2016年12月、在庫一斉処分の閉店セールが行われていた。

161200_グルメシティヒカリ屋京都店

そんな変わり種店舗でしたが、完全閉店されることになり、2016年12月31日をもって、22年の営業を終えました。グルメシティヒカリ屋は、瀬田店が建て替えのため、2016年2月末に閉店しており、現在は山科店のみとなっています。建て替え後の瀬田店は、2017年7月頃オープンの予定ですが、「ダイエー瀬田店」など別屋号になるものと思われます。

150620_グルメシティヒカリ屋瀬田店
▲建て替えのため、閉店したグルメシティヒカリ屋瀬田店。

150621_グルメシティヒカリ屋山科店
▲グルメシティヒカリ屋山科店

6店目へつづく >>

完本カリスマ 中内功とダイエーの「戦後」 上 1,080円 おいしいと言わせたい!ほめられごはん 810円
ダイエー約4000のレシピから厳選!
価格破壊 [ 城山三郎 ]
価格破壊 [ 城山三郎 ]
596円【送料無料】
阪神大震災 流通戦士の48時間 [ 流通科学大学 ] 1,728円【送料無料】


■関連記事
3月1日移管 ダイエーからイオンに変わる関東・関西29店
まもなく ダイエー関東・関西29店がイオンに移管へ
「ダイエー」「イオン」、連名の屋号で残せないか
惜別 ダイエー各店巡り(3) カテプリ新さっぽろ編
惜別 ダイエー各店巡り(2) 新さっぽろ店編
惜別 ダイエー各店巡り(1) 池田駅前店編
【東京遠征レポ】ダイエー系ディスカウンター「ビッグ・エー」
住道 ダイエーと充実のショッピングセンター

posted by 極もん at 02:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】プロモーション iStockPhoto