ビックカメラ【アウトレット品&在庫処分】    ダイエー楽天市場店

ピョンチャンオリンピック2018 テレビ各局テーマ曲

2018年03月20日

まもなく閉鎖 姫路・手柄山回転展望台

姫路の手柄山中央公園にある回転展望台が、まもなく3月25日に閉鎖となります。極もんは、昨年6月の姫路遠征取材旅で訪問。その模様と合わせてお伝えします。

170624_手柄山中央公園・回転展望台
▲まもなく閉鎖となる姫路・手柄山中央公園の回転展望台。

かつては、日本各地のホテルや六甲山山頂にもあった回転展望台。姫路の手柄山中央公園に今でも現役で稼働する回転展望台があるということで、近頃人気のスポットとなっていました。

170624_手柄山中央公園・回転展望台

外観は、ロサンゼルス空港管制塔を模したというユニークなデザイン。1966年(昭和41年)に開催された「姫路大博覧会」のシンボルタワーとして建てられました。高さは約21m。

170624_手柄山中央公園・回転展望台

大変古いエレベータで4階に上がると、回転展望台へ。「手柄ポート」という喫茶店になっており、客席がある外周フロアが360度回転する構造になっています。

170624_回転展望台・手柄ポート「プリンホットケーキ」「コーヒー」
▲客席がある部分がゆっくり回転し、360度の景色が楽しめる。

喫茶もまた昭和レトロなお店。完成当初から営業しているお店なのだそう。「コーヒー」(450円)と「プリンホットケーキ」(600円)をいただきながら、景色を楽しみました。

170624_回転展望台から ひめじ手柄山遊園・姫路市民プール
▲回転展望台から見た「ひめじ手柄山遊園」と「姫路市民プール」。

1周の所要時間は約14分。姫路城がよく見えるかと思いきや、ちょうど丘の後ろになっており、背伸びするとやっと見えるという具合でした。何周もガタガタ揺られながら、のんびり約1時間たん能。帰りは、薄暗いらせん階段を下りて出ました。

170624_回転展望台から 姫路城
▲回転展望台から見た姫路城。

姫路市は、手柄山中央公園の再整備を計画しており、当初、回転展望台は老朽化のため解体される方針となっていましたが、市民からの要望を受け、保存する方針に変更となりました。ただ、老朽化のため、現在のまま営業を続けることは困難ということで、3月25日(日)で閉鎖となります。閉鎖後の活用方法は未定とのことです。


170624_回転展望台・手柄ポート

●モノレール展示室
同公園内には、もうひとつ昭和レトロな施設があります。同じく姫路大博覧会に合わせて開業し、8年間運行された姫路市営モノレールの手柄山駅が車両と共に残存しており、2011年から「モノレール展示室」(手柄山交流ステーション内)として無料公開されています。

171127_手柄山交流ステーション・モノレール展示室
▲残存する旧手柄山駅がそのままモノレール展示室となっている。


回転展望台 手柄ポート
住所 兵庫県姫路市西延末440番地
(山陽電鉄手柄駅から徒歩約11分)
営業時間 10:00〜18:00
定休日 火曜日
手柄山交流ステーション モノレール展示室
開館時間 9:00〜17:00
休館日 火曜日(祝日の場合は、その翌平日)


ぴあ姫路食本
ぴあ姫路食本
993円【送料無料】
合本版 兵庫・神戸観光セット2016-2017[電子書籍] 1,080円 姫路Walker ザ・ベスト 2017-18 918円【送料無料】

駅から検索(楽天トラベル) クリックひとつで旅に出よう!(楽天トラベル) 全国の高速バス予約(楽天トラベル)
posted by 極もん at 00:35 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。



ピョンチャンオリンピック2018 テレビ各局テーマ曲 >>