ビックカメラ【アウトレット品&在庫処分】    ダイエー楽天市場店

ピョンチャンオリンピック2018 テレビ各局テーマ曲

2018年06月18日

復活!阪神スナックパーク 「カドヤ食堂」の”中華そば”

6月1日に復活オープンした阪神百貨店の「スナックパーク」で、「カドヤ食堂」の「中華そば」をいただきました。

180608_カドヤ食堂「中華そば」

阪神梅田本店(地下1階)の「スナックパーク」は、早い、安い、うまいが売りの立ち食いフードコートです。従来から、極もんのお気に入りの場所で、当ブログでも、これまで幾度と紹介してきたグルメスポットです。

ここは、昭和32年(1957年)に誕生した「おやつセンター」が前身で、昭和53年(1978年)にスナックパークに衣替え。約60年に渡り、阪神名物として親しまれてきました。しかし、建て替え工事のため、平成27年(2015年)2月に閉鎖となっていました。

180608_阪神百貨店梅田本店・スナックパーク

そして今回、建て替え1期オープンに伴い、3年ぶりに復活。「阪神名物いか焼き」「たまご丸」など、従来からの5店舗と、「牛焼きみらく」「天ぷらの山」など、新規出店の8店舗の計13店舗が出店しました。新しくなっても、早い、安い、うまいのモットーは変わらず、ほとんどのメニューが500円前後でいただけます。

180601_阪神百貨店梅田本店・スナックパーク
▲開業日夜の混雑の模様(6月1日)。

今回、まずは新規出店の「カドヤ食堂」のラーメンをいただくことにしました。西長堀に本店があるカドヤ食堂は、大阪のラーメン好きなら、誰もが知っている有名店。極もんは、8年前に訪問して当ブログでもご紹介しています(今福鶴見に本店があった時代)。人生初のつけ麺を初めていただいたお店です。

180608_スナックパーク・カドヤ食堂

そんな有名店の味が、ここでは、ありがたいことにワンコインでいただけます。平日の夜8時過ぎ、10分程並んで、「中華そば」(500円)を注文しました。

180608_カドヤ食堂「中華そば」

こちらの店舗では、スナックパーク用に開発された生麺を使っているとのこと。早速、いただきますと、その麺は小麦の風味が感じられ、食感がとても良いです。また、スープは、あっさりした醤油味なのですが、どことなくクセになりそうな要素を感じ、いい味わいです。チャーシューも載っており、とろっとろっ。ボリュームも安いながら、そこそこありました。

この阪神梅田店では、麺類は各種中華そばのみのラインナップ。カドヤ食堂は、西長堀の本店の他に、かつて本店があった今福鶴見にも支店を再出店しています。

180608_阪神百貨店梅田本店・スナックパーク

さて、スナックパーク内をはしごして、続いては、「たまご丸」のオムライスをいただきました。次回に続きます。

180601_阪神百貨店梅田本店
▲阪神梅田本店第1期棟


選べる九州有名店豪華とんこつラーメン福袋10食セット 1,800円【送料無料】 秋田比内地鶏ラーメン6食(ふんわり生麺タイプ) 2,160円【送料無料】


■関連記事
カドヤ食堂の”特製つけそば”

posted by 極もん at 01:20 | Comment(0) | 激安グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。



ピョンチャンオリンピック2018 テレビ各局テーマ曲 >>