出前、宅配は楽天デリバリーから!    駅名からホテルを検索

【1000記事記念】旅先で出会った街角にゃんこ[猫特集]
北京2022オリンピック テレビ各局テーマ曲
2007年10月28日

心斎橋そごう「饂飩の四國」の”鶏みつば”

【そごう心斎橋本店は大丸心斎橋店北館に変わりましたが、饂飩の四国は引き続き営業中です(2009年12月13日追記)】

先日は、そごう心斎橋本店の「饂飩の四國」で食事いたしました。

071017_饂飩の四國「鶏みつば」

心斎橋そごうへは建て替え・再オープン後、初めて訪れました。古きよき時代の心斎橋筋の街並みを再現した12階の「こだわり趣味の街・心祭橋商店街」(「心斎橋」を文字って「心祭橋」になっています。)が魅力的です。

さて、13階の「滝のあるレストラン街」へ上がってみると、結構な高級店ばかりです。その中で一番リーズナブルだったのが「饂飩の四國」(うどんのしこく)。いりこは伊吹島、醤油は小豆島、塩は瀬戸内海の自然塩というように、材料にこだわった上質の讃岐のうどんを提供するお店です。

071017_饂飩の四國「鶏みつば」

こちらでいただいたのは、「鶏みつば」(900円)。鶏肉と鶏のつくね、みつばが載ったさぬきうどんです。いただいてみますと、出汁はとてもあっさりして上品な感じ。ちょっと濃さが足りないかと思ったのですが、じっくり味わってみますとしっかり鶏の旨みが出ているのが分かりました。鶏肉よりもつくねの方がジュワーと旨みが出て味わい深かったです。

071017_饂飩の四國そごう心斎橋店

さて、この饂飩の四國、そごうのお店は結構、高級な店構えでしたが、地下街のなんばウォークにあるお店を見かけると結構、庶民的な店構えでした。ホームページ(饂飩の四國 >>)を見てみると、大阪の梅田や堺、東京の渋谷、池袋、北海道の札幌などに出店していると記されているのですが、なぜか、心斎橋そごうやなんばウォークのお店が載ってなく、そごう心斎橋店は別にホームページ(饂飩の四國そごう心斎橋店 >>)を構えています。そして、前述のサイトの方を「姉妹店のページです」と案内しています。これはどういうことなのでしょうか? 同じブランドで経営者が異なるのでしょうか?

ところで今回、心斎橋そごうへ行くにあたり、初めて梅田から御堂筋を歩いて行ってみることにしました。普段は地下鉄やバスばかりですが、歩いてみるとまた景色が違っていいものです。

071017_そごう心斎橋本店
▲2005年(平成17年)に建て替え・再オープンしたそごう心斎橋本店。以前の大阪店時代の建物は歴史ある名建築だったため、保存の要望も出されていたのですが、惜しまれながら取り壊されてしまいました。

071017_北御堂
北御堂(浄土真宗本願寺派 本願寺津村別院)。この北御堂と南御堂(難波別院)がある通りであることから「御堂筋」と呼ばれるようになりました。


〜人気!うどんのお取り寄せ〜
グルメ大賞受賞!豪華讃岐うどんセット「福福」 3,333円【送料無料】 映画UDONにも出た有名店の、讃岐うどん「なかむら」500g×3パック入りセット 3,235円【送料無料】
水沢うどん 遊喜庵 お試しセット(謹製水沢うどん つゆあり7〜8人前) 1,890円【送料無料】 讃岐うどん(本生)冷やしぶっかけギフトセット(15人前) 2,100円【送料無料】
2008.6.7
2008.6.7
posted by 極もん at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(公開されません):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック



北京2022オリンピック テレビ各局テーマ曲 >>