ビックカメラ【アウトレット品&在庫処分】    ダイエー楽天市場店

子年の初詣に・・狛ねずみがいる大豊神社(京都)

2019年05月10日

神戸「相楽園」・日本庭園と満開のツツジ

令和最初の記事は、花の記事で飾ります。先日は、神戸の「相楽園」でつつじを見て参りました(取材日:5月3日)。

190503_相楽園

相楽園(そうらくえん)は、元神戸市長、小寺謙吉氏の先代小寺泰次郎氏の本邸に造られた日本庭園を一般公開する神戸市の都市公園です。

小寺邸の庭園は、明治18年(1885年)頃から築造に着手し、明治末期に完成しました。その後、昭和16年(1941年)に神戸市が譲り受け、一般公開されるようになりました。

190503_相楽園

相楽園は、つつじの名所として知られており、4月下旬から5月上旬にかけて、約4000株ものつつじが庭園を彩ります。つつじが見頃の時期には、「つつじ遊山」が開かれ、コンサートやお茶席、和菓子販売などのイベントが行われます。

190503_相楽園

190503_相楽園・浣心亭
▲背後は茶室「浣心亭」(かんしんてい)。

訪れた日は、ゴールデンウイークの真っ只中とあって、多くの見物客でにぎわっていました。入り口には、つつじの開花状況について、「散り始め」と記されていましたが、まだまだ美しく咲き誇っている姿を見ることができました。つつじの開花状況は、相楽園のホームページで知ることができます。

190503_相楽園

190503_相楽園・船屋形
▲背後は船屋形(重要文化財)。江戸時代、姫路藩主が河川での遊覧に使っていた川御座船(かわござぶね)の屋形部分。

190503_相楽園・旧ハッサム住宅
▲昭和38年に移築された旧ハッサム住宅(重要文化財)。英国人貿易商のハッサム氏が、明治35年頃、北野異人館街に建築して住んでいた邸宅。阪神・淡路大震災で落下した煙突が前庭に保存されている。

190503_相楽園・旧小寺家厩舎
▲旧小寺家厩舎(重要文化財)。小寺謙吉氏が明治43年頃に建てた厩舎(きゅうしゃ)が残存。馬屋、馬車庫、厩務員宿舎の機能があった。


相楽園(そうらくえん)
住所 兵庫県神戸市中央区中山手通5-3-1
開園時間 9:00〜17:00(入園は16:30まで)
休園日 木曜日(祝日の場合は開園して翌日休園)
※つつじ遊山期間(4月下旬〜5月初旬)は無休。
入園料 大人(15歳以上)300円/小人(小・中学生)150円
神戸市営地下鉄西神・山手線 県庁前駅から徒歩5分。
阪急神戸高速線 花隈駅から徒歩15分。
阪神本線・JR東海道本線 元町駅から徒歩10分。

デジタルカメラ市場

神戸観光ランキング【電子書籍】 367円 まっぷる 超詳細!神戸さんぽ地図【電子書籍】 648円 神戸懐かしの純喫茶 [ 芝田真督 ] 1,296円【送料無料】

季節特集

クリックひとつで旅に出よう!(楽天トラベル) ホテル・旅館ランキング 温泉編(楽天トラベル)

■つつじの名所 関連記事
神戸・北野浄水場跡のツツジ
堺・水賀池公園のツツジ
京都・長岡天満宮のキリシマツツジ
浅香山浄水場 つつじの通り抜け
posted by 極もん at 06:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

惜別 ダイエー各店巡り(6) 神崎川店編

ダイエー各店巡り、6店舗目は、まもなく2019年2月末に閉店となるグルメシティ神崎川店をレポートいたします。

171000_gourmetcity16.jpg
▲グルメシティ神崎川店

2015年1月、イオンの完全子会社となり、2018年度をめどに屋号を無くすという方針が示されたダイエー。その2018年度の終盤を迎えた今、ダイエーの屋号は、まだ多くの店舗で残っているものの、「イオンフードスタイル」というダイエーの冠を外した店舗が出店し始めています。

幼い頃から慣れ親しみ、また華麗なる歴史に魅了された「ダイエー」の名が消えるのは、大変残念でなりません。そこで続けているこの企画は、「ダイエー」の名があるうちに、ダイエー各店を巡り、記事上にダイエーの姿を記録しようというものです。

190200_gourmetcity17.jpg
▲正面入り口(2019年2月)

グルメシティ神崎川店は、2017年10月に取材済みでしたが、新たに、この2月にも訪問しました。2017年の記録を中心レポートいたしますが、新しい情報も織り交ぜてお送りします(この2月訪問時の写真は「2019年2月」と記します。それ以外は2017年10月撮影。)。

グルメシティ神崎川店(店番号:0832)は、阪急神戸線神崎川駅から東側へ徒歩約3分の所にある開業46年になる店舗(大阪市淀川区)。元々は、ダイエー系の「マルエー」(丸栄商事)の店舗で、丸いダイエーの(旧)マークに「マルエー」という屋号を記した看板を掲げていました。その後、「サカエ」を経て、グルメシティとなりました。

171000_gourmetcity1.jpg

丸栄商事(株)は、1961年(昭和36年)5月に創業。その後、1977年(昭和52年)1月にダイエーと提携して、ダイエーグループ入りしました。2002年3月には、近畿に店舗網を持つダイエーグループの(株)サカエ・丸栄商事(株)・(株)ミドリの3社が合併、存続会社が(株)サカエとなったため、全ての190200_gourmetcity18.jpg店舗の屋号が「サカエ」となりました。

2006年3月には、全国のダイエー子会社の食品スーパーを「グルメシティ」に統一することとなり、(株)サカエも(株)近畿グルメシティに社名変更。屋号も順次、「グルメシティ」に変更されました。

そして、ダイエーがイオンの完全子会社となって以降の2015年3月、(株)近畿グルメシティは、ダイエー本体に吸収合併となったため、現在は、全てダイエー直営店となっています。

171000_gourmetcity2.jpg
▲神崎川店の塔屋を除いては唯一の看板。

171000_gourmetcity3.jpg
▲第二種大規模小売店舗の表示にマルエーの名残が見られる。

グルメシティ神崎川店の周辺は、住宅街が広がっていますが、工場も見られる地域です。しかし、近年は工場が少なくなり、住宅街の色が濃くなってきているようです。

171000_gourmetcity4.jpg

171000_gourmetcity5.jpg
▲駐輪場は機械式で1時間無料。

神崎川店の建物は、4階建て。看板が大変少なく、一見スーパーであるかどうかも分かりにくい店舗です。オープンから46年経っているということでかなり老朽化しています。

2014年12月には、駅の反対側(西側)にスーパー「阪急オアシス」がオープンしており、老朽店舗では対抗できなかったのか、2月末日で閉店されることになりました。閉店後、おそらく建物は解体になるかと思われますが、建て替えて再出店するといった情報は出ていません。

190200_gourmetcity19.jpg

190200_gourmetcity20.jpg
▲「グルメシティ」が記された阪急神崎川駅設置の周辺地図。駅西側には、2014年に「阪急オアシス」がオープン。また、駅南西側には古くからの三津屋商店街もある。

店舗入り口は、表と裏の計2ヵ所。表通り側の建物外観は、デザイン性がありますが、裏路地に面した側は、まるで工場のようなたたずまいです。店内のエスカレーターは、上りのみ設置されています。

171000_gourmetcity9.jpg
▲裏側の入り口

171000_gourmetcity10.jpg
▲裏側から見ると、まるで工場のようなたたずまい。

1階は、食料品のフロア。あまり広くはなく、本格的なイートインもありませんが、1階から2階への階段の踊り場に、テーブルと椅子が置かれており、そこがミニながらイートインとして位置づけされています。

171000_gourmetcity6.jpg

171000_gourmetcity7.jpg

171000_gourmetcity12.jpg
▲階段の踊り場にあるミニイートイン。

171000_gourmetcity13.jpg
▲踊り場に「gourmetcity」のロゴが入ったベンチも設置されていた。

また、1階外側には、テナントとしてクリーニング店が入っていたようですが、2017年取材時、既に閉店しており、その後、閉ざされたままとなっています。

171000_gourmetcity8.jpg
▲1階外側には、テナントスペースがあったがクリーニング店の撤退後は空いたままになっていた。

2階は、おしゃれと暮らしのフロア。「グルメシティ薬店」と、衣料、雑貨、日用品を扱っています。元からダイエー直営の店舗で扱っているような小型家電は置いていません。現在、このフロアで衣料品、生活用品などの閉店売りつくしセールが行われています。

2階から3階へのエスカレーターは、2017年当時は動いていましたが、この2月訪問時は、故障中で閉ざされていました。

190200_gourmetcity21.jpg
▲売りつくしセールが行われている2階売場(2019年2月)。

171000_gourmetcity14.jpg
▲「グルメシティ薬店」の看板を掲げる薬売場。

3階は、全面テナントの100円ショップ「シルク」の売場となっています。4階へのエスカレーターはありますが閉ざされており、現在は4階に売場はありません。

171000_gourmetcity15.jpg

190200_gourmetcity22.jpg
▲現在、2017年には存在していた塔屋の看板が無くなって骨組みだけになっている(2019年2月)。

190200_gourmetcity23.jpg
▲店舗斜向かいにある提携コインパーキング。(2019年2月)

171000_gourmetcity11.jpg
▲2017年当時貼られていたダイエー創業60周年のポスター。「daiei」のロゴが小さいのが残念。モデルは、筧美和子さん。

グルメシティ神崎川店は、2月28日(木)18時で閉店となります。

7店目へつづく >>


完本カリスマ 中内功とダイエーの「戦後」 上 1,080円 おいしいと言わせたい!ほめられごはん 810円
ダイエー約4000のレシピから厳選!
価格破壊 [ 城山三郎 ]
価格破壊 [ 城山三郎 ]
596円【送料無料】
阪神大震災 流通戦士の48時間 [ 流通科学大学 ] 1,728円【送料無料】

■関連記事
「ダイエー」「イオン」、連名の屋号で残せないか
惜別 ダイエー各店巡り(5) ヒカリ屋京都店編
惜別 ダイエー各店巡り(4) 今池店編
惜別 ダイエー各店巡り(3) カテプリ新さっぽろ編
惜別 ダイエー各店巡り(2) 新さっぽろ店編
惜別 ダイエー各店巡り(1) 池田駅前店編
3月1日移管 ダイエーからイオンに変わる関東・関西29店
まもなく ダイエー関東・関西29店がイオンに移管へ
【東京遠征レポ】ダイエー系ディスカウンター「ビッグ・エー」

posted by 極もん at 00:10 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月21日

イルミナイト万博2018 初めて3Dマッピングとイルミが融合

今年も、毎年恒例の「イルミナイト万博」へ行ってきました。

181215_Wonder Experience イルミナイト万博「銀河の輝き」

「イルミナイト万博」は、毎年、大阪府吹田市の万博記念公園の太陽の塔周辺で開催されるイルミネーションイベント。クリスマスシーズンとしては、今年で12回目となります。

181215_Wonder Experience イルミナイト万博「銀河の輝き」

メインプログラムは、太陽の塔に立体映像が照射される「プロジェクションマッピング」(ビームペインティング)のショー。イルミナイト万博でのプロジェクションマッピングは、今年で8回目となります。

プロジェクションマッピングは、スクリーンとなる建物などの凸凹をあらかじめ3Dデータ化することにより、その表面の形状に合わせて立体映像を映し出すことを実現する技術です。

181215_Wonder Experience イルミナイト万博「銀河の輝き」

今年のテーマは「銀河の輝き」。過去・現在・未来を軸に物語が展開、太陽の塔を象徴する、いのち・いのり・こころが幻想的に描かれます。

181215_Wonder Experience イルミナイト万博「銀河の輝き」
▲太陽の塔内部の「生命の樹」が見えた!!

今年は、初めてプロジェクションマッピングとイルミネーションが連動するということで、太陽の塔の前の芝生上にイルミネーションが施されました。2010年の回以来、8年ぶりに太陽の塔前がイルミネーションでにぎやかになりました。

イルミナイト万博初期の2007年から2010年まで行われたイルミネーションのみのイベントと、2011年以降のプロジェクションマッピングが初めて融合し、イルミナイト万博の集大成的内容に進化したという感じです。

181215_Wonder Experience イルミナイト万博「銀河の輝き」

イルミネーションは、見事に映像や音声と連動し、点滅したり、様々な色に変化します。上映時間は約8分間。少々の休憩時間を挟み、繰り返し上映されます。

181215_Wonder Experience イルミナイト万博「銀河の輝き」
▲作品の最後に、2025年大阪万博開催決定を祝うメッセージが登場。

その他のイルミネーションは、従来、東大路の桜並木などに施されていましたが、今年は春にリニューアルし、内部一般公開が始まった太陽の塔の周辺に集中。太陽の塔の真下には40万球以上のLEDを駆使した「光の散歩道」が作られています。

181215_Wonder Experience イルミナイト万博「銀河の輝き」

181215_Wonder Experience イルミナイト万博


●ラーメンEXPO&ギョウザEXPO
今年もお祭り広場にて、西日本最大級のラーメンイベント「ラーメンEXPO2018 in 万博公園」が同時開催されています。4期に分けて、各期間10店が出店。計40店が全国から集まります。

181215_ラーメンEXPO2018 in 万博公園

今回、価格は、昨年までの1杯800円から650円に値下げ。やや小振りの大きさとなり、食べ比べしやすくなりました。2杯セット券を買うと100円引きの1,200円となりお得です。

ということで、2杯セット券を購入。まずは、和歌山「紀州ラーメン麺やたけだ」の「紀州ラーメンWスープしょう油」(現在は終了)をいただきました。鶏ガラと魚介のWスープである上、醤油の名産地・湯浅「角長」の醤油を使っているということで、醤油の旨みが際立っていました。

181215_紀州ラーメン麺やたけだ「紀州ラーメンWスープしょう油」・ラーメンEXPO
▲紀州ラーメンWスープしょう油

続いては神奈川「らーめん雅楽」の「炙り肉盛り伊勢海老味噌らーめん」(現在は終了)をいただきました。伊勢海老と味噌に加え、豚骨と鶏ガラも使っているというスープがとても濃厚。伊勢海老のとても良い風味が感じられ絶品でした。

181215_らーめん雅楽「炙り肉盛り伊勢海老味噌らーめん」・ラーメンEXPO
▲炙り肉盛り伊勢海老味噌らーめん

また、今回も「ギョウザEXPO」が同時開催されています。価格は一皿500円です。


●エキスポシティ
さて、今回もイルミナイト万博の前後に日本最大級の大型複合施設「エキスポシティ」を訪問しました。エキスポシティの空の広場でも、例年と同様にイルミネーションが施されています。

今年は、例年、館内にあったクリスマスツリーが空の広場に登場。ピンク、パープル、イエロー、レインボーなど、様々なカラーに変化します。ライトアップにより、同様に様々なカラーに変化する大観覧車と合わせて撮影するのが、おすすめです。点灯時間は23時まで。

181215_EXPOCITYイルミネーション

「イルミナイト万博」・「ラーメンEXPO」へは、大阪モノレール万博記念公園駅を下車。歩道橋を渡ってすぐの自然文化園へ。自然文化園の入園料250円が必要。今後の開催期間は12月21日(金)〜25日(火)(※25日はイルミネーションのみ開催)。開催時間は17時〜21時(ラーメンEXPOは11時開始。入園は20時30分まで)。


万博公園Walker
万博公園Walker
896円【送料無料】
るるぶ北摂
るるぶ北摂
907円【送料無料】
大阪観光Walker
大阪観光Walker
864円【送料無料】
ラーメンWalker関西
ラーメンWalker関西
810円【送料無料】



■関連記事
イルミナイト万博 X’mas プロジェクションマッピング2017
イルミナイト万博 X’mas プロジェクションマッピング2016
イルミナイト万博 X’mas プロジェクションマッピング第5弾
(2015)
イルミナイト万博 X’mas プロジェクションマッピング第4弾(2014)
イルミナイト万博 X’mas プロジェクションマッピング第3弾(2013)
イルミナイト万博 太陽の塔×プロジェクションマッピング(2012)
イルミナイト万博 X’mas 太陽の塔彩る迫力の3D特殊映像(2011)
イルミナイト万博 X’mas 太陽の塔×光の風船(2010)
イルミナイト万博 太陽の塔彩る華やかアート(2009)
イルミナイト万博 太陽の塔彩るデジタル掛け軸(2008)
千里万博公園 太陽の塔×イルミネーション (2007)
posted by 極もん at 01:00 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

尼崎の新名所・再建工事着々「尼崎城」

来春の開城を目指して、兵庫県尼崎市で再建工事が進められている尼崎城を見てきました。

181024_尼崎城

尼崎城は、江戸時代初期の元和4年(1618年)に尼崎藩主だった戸田氏鉄(とだうじかね)が築いた城。甲子園球場の約3.5倍の敷地に、3重の堀や4層の天守を持つ立派な城でした。しかし、明治6年(1873年)の廃城令により、取り壊されてしまいました。

181024_尼崎城
▲北側から見た天守閣。

2015年、家電量販店旧「ミドリ電化」(現エディオン)の創業者、安保詮さんが「創業の地へ恩返ししたい」と、尼崎城を再建して市に寄贈するという意向を表明。私財10億円以上を投じて、2016年12月から建設が始まり、来春146年ぶりに尼崎城が復活することになりました。

181024_戸田氏鉄碑
▲新たに戸田氏鉄について記されたを石碑が造られている。

建設が進められているのは、公園として整備されていた尼崎城址公園の敷地。ここを10月末に訪れたところ、すでに新天守閣がほぼ出来上がっている様子でした。阪神尼崎駅から南東へすぐの所で、駅のホームからも天守閣が見えました。建設地の住所は、「尼崎市北城内27」で、城跡であることを物語っています。

181024_尼崎城
▲西側から見た天守閣。

181024_尼崎城
▲東側から見た天守閣。

建設地の隣には、尼崎市立中央図書館があり、ここの階段を上った入り口前から天守閣をよく眺めることができます。この図書館も城址公園内にあることから、建物の外側に城を模した石垣が築かれています。

181024_尼崎市立中央図書館
▲中央図書館に築かれている石垣。

図書館の西側には、城があった時代に堀の一部として使われていた庄下川が流れています。しかし、そこに堀の面影はなく、他の堀も、廃城の際に全て埋め立てられて残っていません。石垣など、地表に出ている遺構は、ほとんど何も残っていないのだそうです。

181024_尼崎城
▲南側(正面)から見た天守閣。

本来、天守閣があった場所は現在、尼崎市立明城小学校となっている場所とのことですが、同じ場所での再建は困難なため、約300m北西の位置となる城址公園に建てられることになったということです。

181024_尼崎城・完成イメージ図
▲現場に掲げられている完成イメージ図。

新天守閣は、江戸時代の図面を元に大きさや外観を再現。鉄筋コンクリート造りの地上5階建てで、高さは石垣部分を含めて約24mとなっています。内部には、展望室や歴史資料の展示室などが整備され、エレベーターも設置されるということです。

181024_尼崎城址公園・平面計画図
▲城址公園の平面計画図

この建設地の南側には、「尼崎城史蹟」と掲げられた桜井神社があります。ここは、尼崎城廃城後、櫻井信定から16代忠興までの歴代尼崎藩主をまつるために建立された神社。

181024_桜井神社
▲城跡に建立された桜井神社。

明治15年(1882年)、尼崎城西二の丸跡に建立され、昭和36年(1961年)、国道43号線の敷設に伴い、現在地の西三の丸跡に移転しました。今も明治15年建立当時の本殿・拝殿が残っています。

181024_「尼崎市発祥之地尼崎城跡」石碑・桜井神社
▲桜井神社境内にある「尼崎市発祥之地尼崎城跡」と記された石碑。

また、尼崎城と関係はありませんが、北側には、築100年以上になる赤レンガの建物があり、古い建築物に興味がある方には、ぜひ見てほしいスポット。これは、明治37年(1904年)に建てられた阪神電鉄旧尼崎発電所の建物。大正8年(1919年)に発電所の役目を終えてからは、阪神電鉄の倉庫として使われています。

181024_阪神電鉄旧尼崎発電所
▲城址公園北側にある阪神電鉄旧尼崎発電所の建物。

今年2018年は、戸田氏鉄が尼崎城築城を始めて、ちょうど400年。一般公開は、来年3月29日から始まる予定となっています。

181024_尼崎中央商店街
▲尼崎中央商店街では、尼崎城PRの大きな垂れ幕が掲げられ、新名所への期待が伺える。

181024_尼崎城ポスター
▲尼崎城PRのポスター。尼崎中央商店街にて。


阪神沿線まちと文化の110年
阪神沿線まちと文化の110年
1,300円【送料無料】
ひょうごの城めぐり[ 本岡勇一 ]
ひょうごの城めぐり[ 本岡勇一 ]
1,944円【送料無料】
大貫本店 あんかけチャンポン 1人前 1,050円
尼崎ご当地グルメ
大貫本店 やきめし並サイズ 1人前
大貫本店 やきめし並サイズ 1人前
950円
大正元年創業・老舗の味

旅に出よう!国内最大級の旅行予約サイト・楽天トラベル 日本最大級!大阪の高速バス予約(楽天トラベル)
タグ:神社 尼崎
posted by 極もん at 02:20 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

まもなく閉鎖 姫路・手柄山回転展望台

姫路の手柄山中央公園にある回転展望台が、まもなく3月25日に閉鎖となります。極もんは、昨年6月の姫路遠征取材旅で訪問。その模様と合わせてお伝えします。

170624_手柄山中央公園・回転展望台
▲まもなく閉鎖となる姫路・手柄山中央公園の回転展望台。

かつては、日本各地のホテルや六甲山山頂にもあった回転展望台。姫路の手柄山中央公園に今でも現役で稼働する回転展望台があるということで、近頃人気のスポットとなっていました。

170624_手柄山中央公園・回転展望台

外観は、ロサンゼルス空港管制塔を模したというユニークなデザイン。1966年(昭和41年)に開催された「姫路大博覧会」のシンボルタワーとして建てられました。高さは約21m。

170624_手柄山中央公園・回転展望台

大変古いエレベータで4階に上がると、回転展望台へ。「手柄ポート」という喫茶店になっており、客席がある外周フロアが360度回転する構造になっています。

170624_回転展望台・手柄ポート「プリンホットケーキ」「コーヒー」
▲客席がある部分がゆっくり回転し、360度の景色が楽しめる。

喫茶もまた昭和レトロなお店。完成当初から営業しているお店なのだそう。「コーヒー」(450円)と「プリンホットケーキ」(600円)をいただきながら、景色を楽しみました。

170624_回転展望台から ひめじ手柄山遊園・姫路市民プール
▲回転展望台から見た「ひめじ手柄山遊園」と「姫路市民プール」。

1周の所要時間は約14分。姫路城がよく見えるかと思いきや、ちょうど丘の後ろになっており、背伸びするとやっと見えるという具合でした。何周もガタガタ揺られながら、のんびり約1時間たん能。帰りは、薄暗いらせん階段を下りて出ました。

170624_回転展望台から 姫路城
▲回転展望台から見た姫路城。

姫路市は、手柄山中央公園の再整備を計画しており、当初、回転展望台は老朽化のため解体される方針となっていましたが、市民からの要望を受け、保存する方針に変更となりました。ただ、老朽化のため、現在のまま営業を続けることは困難ということで、3月25日(日)で閉鎖となります。閉鎖後の活用方法は未定とのことです。


170624_回転展望台・手柄ポート

●モノレール展示室
同公園内には、もうひとつ昭和レトロな施設があります。同じく姫路大博覧会に合わせて開業し、8年間運行された姫路市営モノレールの手柄山駅が車両と共に残存しており、2011年から「モノレール展示室」(手柄山交流ステーション内)として無料公開されています。

171127_手柄山交流ステーション・モノレール展示室
▲残存する旧手柄山駅がそのままモノレール展示室となっている。


回転展望台 手柄ポート
住所 兵庫県姫路市西延末440番地
(山陽電鉄手柄駅から徒歩約11分)
営業時間 10:00〜18:00
定休日 火曜日
手柄山交流ステーション モノレール展示室
開館時間 9:00〜17:00
休館日 火曜日(祝日の場合は、その翌平日)


ぴあ姫路食本
ぴあ姫路食本
993円【送料無料】
合本版 兵庫・神戸観光セット2016-2017[電子書籍] 1,080円 姫路Walker ザ・ベスト 2017-18 918円【送料無料】

駅から検索(楽天トラベル) クリックひとつで旅に出よう!(楽天トラベル) 全国の高速バス予約(楽天トラベル)
posted by 極もん at 00:35 | Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


尼崎の新名所・再建工事着々「尼崎城」 >>