ビックカメラ【アウトレット品&在庫処分】    ダイエー楽天市場店

尼崎の新名所・再建工事着々「尼崎城」

2019年01月30日

京都・祇園の老舗「おかる」の”チーズ肉カレーうどん”

先日は、京都の「おかる」で「チーズ肉カレーうどん」をいただきました。

181212_おかる「チーズ肉カレーうどん」

「おかる」は、京都・祇園にある大正14年(1925年)創業の老舗うどん店。京阪祇園四条駅から徒歩約3分の所にあります。

花街・祇園にあるとあって、午前2時半まで営業する言わば”深夜食堂”です。舞妓さんに人気のお店で、舞妓さんのうちわが壁にたくさん貼られています。また、テレビの取材や休憩で訪れた芸能人のサインもたくさん貼られています。

昼食時は混むということですが、訪問した夜6時半頃(平日)は、大変空いていました。この時間、出前が多いようで、配達人が帰っては出てを繰り返していました。

181212_おかる

こちらで今回は、人気メニューという「チーズ肉カレーうどん」(1,050円)を注文しました。

早速、いただいてみますと、とてもいい出汁が効いたカレー出汁。利尻産昆布、さば節、うるめ節などを1時間以上かけて煮出した出汁を使っているのだそう。

そして、「肉」と付くだけあって肉多め、とても軟らかいいい牛肉です。そこに、とろーりしたチーズが加わり絶品です。辛さは、ピリ辛程度なのですが、備え付けの七味を少々入れると、パンチの効いた辛さになりました。

181212_おかる「チーズ肉カレーうどん」

カレーうどんは、「チーズきつねカレーうどん」(940円)、「カツカレーうどん」(1,200円)などもあります。また、中華そば版の「肉カレー中華」(940円)、ご飯版の「チーズカレー丼」(1,100円)、などもあります。

甘味も扱っており、「ぜんざい」(720円)や「抹茶クリームあんみつ」(1,050円)などがあります。


京都で食べたい100のもの 918円【送料無料】 ええやん!京都 地元女子がほんまに通うぞっこんグルメ 972円【送料無料】 超大盛り!焼き豚専門店のカレーうどん 4食( 麺2人前×4袋、カレー×8袋) 3,960円【送料無料】


posted by 極もん at 23:58 | Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月29日

吹田「ハレノチ晴」の”かしわの土手汁なしそば”

先日は、「ハレノチ晴」の「かしわの土手汁なしそば」をいただきました。

181107_ハレノチ晴「かしわの土手汁なしそば」

「ハレノチ晴」は、阪急淡路駅近くの人気ラーメン店「縁乃助商店」や「This is 中川」(現 NAKAGAWAわず)を経営するオーナーが手がける新業態店。今年9月、JR吹田駅から徒歩約7分の所にあるJR西日本が手がける商業施設「吹田グリーンプレイス」にオープンしました。鶏を使ったメニューにこだわるラーメン屋さんです。

181107_ハレノチ晴・吹田グリーンプレイス

平日の夜8時半頃頃訪問すると、大変多くのお客でにぎわっていました。こちらの看板メニューは、「濃熟鶏しぼりそば」(842円)。濃厚な鶏白湯ラーメンなのだそう。また、「中華そば」(799円)、「塩中華そば」(799円)があります。

これら、スープがあるラーメンもおいしそうなんですが、今回は、とても魅力的な"汁なしラーメン"(まぜそば)を見つけましたので、"汁あり"を差し置いて、こちらをいただくことにしました。

181107_ハレノチ晴「かしわの土手汁なしそば」

注文したのは、「かしわの土手汁なしそば」(950円)。鶏肉を使った土手煮(味噌煮込み)をベースとしたまぜそばです。麺は自家製麺。麺だけ味見してみますと玉子と小麦のしっかりしたいい風味が感じられます。

この麺に甘辛い土手煮の味がしっかり絡み絶品。土手煮はたっぷり載っていて食べ応えあります。途中まで置いておいた生玉子を混ぜますと、これはまた、新たな旨みが感じられます。見た目で感じた期待通りの旨さのまぜそばでした。

181107_ハレノチ晴・吹田グリーンプレイス

サイドメニューには、土手煮の丼「かしわの土手丼」(453円)もあります。そのほか、「かしわの唐揚げ」(2個・292円)や「鶏皮餃子」(5個・302円)、「かしわのモモ焼き」(518円)など、サイドメニューも鶏づくしです。

吹田グリーンプレイスは、10月19日に2期エリア・サウスゾーンがオープンしたばかり。ユニクロやABCマートなど、新たに6店舗がオープンし、1期エリアと合わせて、計27店舗からなる商業施設となりました。なお、ハレノチ晴は、ウエストゾーンにあります。

181107_吹田グリーンプレイス
▲吹田グリーンプレイス


桔梗庵 濃厚旨辛まぜそば お試し3食セット 1,280円【送料無料】 札幌・米風亭 油そば(2食入) 566円 究極のラーメン関西版
究極のラーメン関西版
734円【送料無料】

posted by 極もん at 23:59 | Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

姫路城前「高田の馬場」の”姫路おでん定食”

以前の姫路遠征取材旅から、「高田の馬場」の「姫路おでん定食」をご紹介します。

171127_高田の馬場「姫路おでん定食」

姫路に行ったら、ぜひいただきたいのが「姫路おでん」。生姜醤油に付けていただくご当地おでんです。姫路では、コンビニのおでんにも生姜醤油が付いてくるのだそうです。

以前、旅のガイドブックを見て訪問したお店で姫路おでんをいただいたことがあるのですが、そこは大根が堅く、味もあまり染みてなく、いまいちでした。そこで、新たなお店をネットで探すことにしました。飲み屋のような1品ずつ頼むようなお店は苦手なので、気軽に定食でいただけるお店はないかと探したところ、見つけたのがこの「高田の馬場」です。

171127_高田の馬場

高田の馬場」は、姫路城正面の大手門の目の前にある観光客向けの食事処。団体客も受け入れられる大きなお店です。1階はテーブル席と土産物売場。2階はお座敷となっています。

訪問したのは、平日の午後1時20分頃。1階は満席だったので、2階のお座敷でいただくことにしました。注文したのは、「姫路おでん定食」(850円)。姫路おでん(こんにゃく、あつあげ、ちくわ、ひらてん)と、にゅうめん、ご飯がセットになっています。

171127_高田の馬場・おでん玉子

それに加え、おでんに玉子は欠かせないと思ったので、玉子(150円)を追加注文しました。その玉子は、先に別皿で出てきたのですが、牛すじのかけらが一緒に入ってしまったそうで、「おまけです」とのこと。

姫路おでんは、別皿の生姜醤油に具を付けて食べるというお店もあるそうですが、こちらのお店のおでんは、出汁に醤油が混ぜられており、生姜は具の上に載せられて出てきました。それを混ぜていただきます。おまけに一般的なおでんに定番の辛子も添えられています。

171127_高田の馬場「姫路おでん定食」

早速、いただいてみますと、ピリリと生姜の味が加わって、普段のおでんとひと味違うという感じ。なかなかくせになるかも知れない味です。具に出汁がよく染みていて申し分ありません。そして、にゅうめんは、播州名産の「揖保乃糸」を使っているとのこと。喉越しが大変良かったです。

にゅうめん主体でいただきたいなら、おでん2品が付いた「にゅうめんセット」(900円)というメニューもあります。また、おでんをたっぷりいただきたいなら、おまかせ7品の「おでん盛り」(950円)があります。

171127_姫路城
▲高田の馬場の目の前は、国宝・世界遺産の姫路城。


ヤマサ蒲鉾 姫路おでん(大根・たまご・こんにゃく・ごぼう天・焼きちくわ・ひらてん) 793円 ヤマサ蒲鉾 おでん(7種10品)
ヤマサ蒲鉾 おでん(7種10品)
594円
姫路城Walker[電子書籍]
姫路城Walker[電子書籍]
702円
るるぶ兵庫 神戸 姫路 但馬
るるぶ兵庫 神戸 姫路 但馬
972円【送料無料】

posted by 極もん at 23:50 | Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月30日

京都のラーメン激戦区・一乗寺の人気店「高安本店」

京都・一乗寺「高安本店」の「中華そば」と「からあげ」をご紹介します。

180131_高安本店「からあげ定食」

以前からテレビなどで見て、一度訪れてみたかった京都のラーメン激戦区、一乗寺(京都市左京区)。東大路通を中心に20軒以上のラーメン店が建ち並び、この通りは「ラーメン街道」とも呼ばれています。

界隈を歩いてみますと、次々にラーメン店が出現。ラーメン店が隣り合わせや向かい合わせという所も当たり前のようにありました。

180131_一乗寺のラーメン店
▲一乗寺界隈のラーメン店。

この中から、まずは老舗に訪問しようと思ったのですが、この日は水曜日で定休日。そこで今回は、人気店の「高安本店」に訪問することにしました。1999年に創業したお店です。行列ができる時間もあるようですが、夕方6時前、行列なく入店できました。店内は大変多くのお客でにぎわっていました。ラーメン店とは思えないような、大変スタイリッシュなお店です。

180131_高安本店

第1候補だった牛すじの煮込みが入る「スジラーメン」(830円)は、残念ながら数量限定のため売り切れ。そこで、今回は、「からあげ定食」(1,120円)を注文しました。ラーメンとからあげ、ご飯がセットになっています。ご飯は大・中・小できるとのことで、中サイズにしました。おかわりもできます。

180131_高安本店「中華そば」

早速いただいてみますと、ラーメンは、細麺で、とてもまろやかなとんこつスープ。こってりし過ぎず食べやすいです。そこには、こちらも脂濃くない大変品の良いチャーシューがのっています。

180131_高安本店「からあげ」

そして、からあげは特大が3つ付いており、ラーメンもさることながら、こちらも絶品。外はカリカリ、中はジューシーな上、カレー粉で味付けされており、とてもスパイシー。からあげは、食べ残しても持ち帰りが出来るよう、袋が用意されています。

またの機会には、今回食べられなかった「スジラーメン」をいただいてみたいです。また、やみつきになったからあげも、もう一度いただきたいところです。

高安は他に、堀川今出川に「Noodle Style 是空」を、四条烏丸には「高安是空」を出店しており、それぞれ、本店とは違う味のラーメンが提供されています。
 

選べる九州有名店豪華とんこつラーメン福袋10食セット 1,800円【送料無料】 秋田比内地鶏ラーメン6食(ふんわり生麺タイプ) 2,160円【送料無料】
【送料無料】5種から選べる 札幌熟成.ラーメン5食セット. (味噌 みそ 塩 醤油 つけ麺 スープカレー味)生麺 詰め合わせ ご当地グルメ お取り寄せ 生ラーメン ラー麺 ポイント消化 有名店 お試し B級グルメ 札幌ラーメン 北海道【G】 1,080円【送料無料】 ラーメン食べ歩き関西版
ラーメン食べ歩き関西版
626円【送料無料】

posted by 極もん at 23:55 | Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月09日

北海道物産展で利尻島「味楽」の利尻昆布のラーメン

大丸京都店で開催中の「夏の大北海道市」(8月13日まで)で、「利尻らーめん 味楽」の「焼き醤油らーめん」をいただきました。

180807_利尻らーめん 味楽「焼き醤油らーめん」

「利尻らーめん 味楽」(みらく)は、北海道の利尻島にあるラーメン店。高級な利尻昆布をふんだんに使ったラーメンが人気で、夏場は行列もできるというお店です。2012年と2017年には、ミシュランガイドのビブグルマンに選ばれています。

ただ、離島にある上、営業時間が昼の2時間半しかないため、最も行くのが困難なラーメン店と言われています。そんな最果てのラーメンがはるばる大丸京都店の「夏の大北海道市」にやってきました。

このラーメンを知ったのは、3年前の読売テレビ「す・またん!スペシャル 関西人が選ぶ!ラーメンファイル大賞」という番組。森ちゃんこと森たけしアナウンサーが大阪から28時間かけて、利尻島の店舗に訪問して食していたこのラーメンが本当においしいそうでした。それが強く印象に残っていたので、ぜひこの機会に食べておきたいということで、足を運ぶことにしました。

180807_大丸京都店「夏の大北海道市」

この「焼き醤油らーめん」は大北海道市で900円です(利尻本店では850円)。利尻昆布を3年間熟成させたものをふんだんに使い、20時間かけて煮出して出汁を取っているとのこと。それに、とんこつ、鶏ガラ、野菜で取った出汁を合わせてラーメンのスープが出来上がります。

通常、これだけの量の利尻昆布は入手も困難で、入手できても高級なため採算が取れないとのこと。このお店では、親戚の漁師から安く分けてもらっているため、この旨味たっぷりのラーメンが作れるのだそうです。

180807_利尻らーめん 味楽「焼き醤油らーめん」

では、会場に着いて、早速いただいてみますと、ギリギリまで火入れして香ばしさを出しているという焼き醤油に、まろやかな昆布出汁の味が合わさって絶品。また、出汁もさることながら、玉子の黄色さが際立つちぢれ麺もよく合ってうまいです。麺は札幌の有名な西山製麺製を使っているのだそうです。

このスープが本当においしくて、ずっとすすっていたいと思いました。もちろん、全部飲み干して会場を後にしました。

今回は、冷やしラーメン「利尻昆布冷塩らーめん」(900円)も登場しており、こちらは各日限定80食です。なお、味楽は、昨年から新横浜ラーメン博物館にも出店しています。


利尻らーめん味楽 焼き醤油らーめん(1食入) 491円 西山製麺 利尻らーめん味楽 焼き醤油(2食入) 702円
利尻昆布ラーメン(5食入)
利尻昆布ラーメン(5食入)
1,620円
西山製麺 北海道ラーメンおいしい 定番バラエティ14食セット 3,780円

posted by 極もん at 18:00 | Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


尼崎の新名所・再建工事着々「尼崎城」 >>