ビックカメラ【アウトレット品&在庫処分】    ダイエー楽天市場店

ピョンチャンオリンピック2018 テレビ各局テーマ曲

2018年05月30日

上本町「Cafe婆沙羅 うさぎ堂」の”えびフライカレー”

先日は、「Cafe婆沙羅 うさぎ堂」の「えびフライカレー」をいただきました。

180511_Cafe婆沙羅 うさぎ堂「えびフライカレー」

「Cafe婆沙羅」(カフェバサラ)は、北堀江(大阪市西区)と上本町(大阪市天王寺区)に店舗があるカフェ・カレー店。カレーやオムライスなどの食事メニューの品揃えが豊富で、和風パフェなどスイーツも充実しています。

北堀江の本店に「かえる堂」、上本町の店舗には「うさぎ堂」という名が付いています。

180511_Cafe婆沙羅 うさぎ堂・近鉄百貨店上本町店

今回は、上本町のうさぎ堂を訪問しました。うさぎ堂は、近鉄百貨店上本町店12階のレストランフロアにあります。平日の夜7時過ぎ。店内は、大変にぎわっており、満席ということで、10分程待って入店いたしました。

メニューを見てみますと、大変魅力的な品々が並び、いずれいただきたいものがいくつもあるのですが、まずは看板メニューのカレーをと、「えびフライカレープレート」(1,080円)を注文しました。えびフライカレー単品は972円ですが、カレー各種は、追加108円で、サラダ、オレンジ、バナナはちみつヨーグルトが付く「プレート」にすることができます。

180511_Cafe婆沙羅 うさぎ堂「えびフライカレー」

全てが大皿に載って出てきました。早速いただいてみますと、フルーツや野菜が溶けるまで100時間煮込まれているというカレーは、大変濃厚で、フルーティーな味わいです。辛さは結構な辛口。エビフライは、とても身が締まっていてサクサクです。

また、バナナはちみつヨーグルトは、はちみつの旨味が際だち、少量ながらも、とても印象に残る味わいでした。

大変凝ったメニューが充実の婆沙羅。おかず10数品が付く「月替わりの田舎御膳」(1,080円)や、炒飯にカレーがかかった「婆沙羅のジャンバラヤ」(1,080円)、カツカレーサンドイッチ(756円)など。またに機会にいただきたいと思います。

180511_Cafe婆沙羅 うさぎ堂・メニュー


【店舗情報】Cafe婆沙羅 うさぎ堂(カフェバサラ うさぎどう)

近鉄大阪上本町駅から徒歩2分。
地下鉄谷町線・千日前線 谷町九丁目駅から徒歩5分。
住所 大阪府大阪市天王寺区上本町6-1-55
近鉄百貨店上本町店12階
営業時間 10:30〜22:00
定休日 近鉄百貨店の休業日に準ずる


函館・五島軒の極上ほぐし肉カレー(4食入) 1,100円【送料無料】 お肉屋さんのキーマカリー(8食入)
お肉屋さんのキーマカリー(8食入)
2,300円
牛すじカレー専門店「戸紀屋」の
こだわり牛すじカレー 3パックセット 2,095円 究極のカレー 関西版
究極のカレー 関西版
853円【送料無料】

posted by 極もん at 23:55 | Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

神戸・元町「L’Ami」の”ビーフシチューオムレツ”

「L’Ami」の「ビーフシチューオムレツ」をご紹介します。

170623_L'Ami「ビーフシチューオムレツ」

「L’Ami」(ラミ)は、神戸・元町の大丸近くにある洋食店。オリエンタルホテルの元シェフがオーナーシェフを務め、創業18年になるお店です。テレビ大阪「おとな旅あるき旅」で紹介されたことで知り、訪問することにしました。

訪問したのは、平日の午後2時20分頃。ランチタイムには、長い行列ができるということですが、ピークが過ぎたようで、店内の椅子で3人程待つだけでした。

170623_L'Ami

ランチメニューを見てみますと、全てが1000円以下とリーズナブル。番組では、「カニクリームコロッケ」(918円)と「ビーフシチューオムレツ」(864円)が紹介されました。この価格で、ご飯、サラダ、味噌汁が付きます。今回は、「ビーフシチューオムレツ」を注文しました。

店内は、カウンターだけで、厨房を囲むように席が配置されています。待っている間に注文を聞いていただけるので、席に着いて少々でいただくことができました。

170623_L'Ami「ビーフシチューオムレツ」

早速、いただきますと、オムレツは、とろっとろっ、ビーフシチューのビーフもとろっとろっで、いずれも絶品です。ビーフは、ほほ肉を4時間煮込んでいるのだそうです。ワインの風味も感じられます。

170623_L'Ami「ビーフシチューオムレツ」

洋食でありながら、ご飯は、茶碗に入っており、味噌汁、漬け物付きと、和食スタイルで、肩肘張らず親しみやすくいただけるのも、このお店の良い所。ご飯、味噌汁は、おかわりができます。

ディナータイムは、コース料理の他、人気の「ふわふわたまごのオムライス」(972円)など、夜のみの単品メニューもいただけます。

170623_L'Ami
▲「せやねん!」「大阪ほんわかテレビ」「ちちんぷいぷい」「よーいドン!」と、関西の人気番組に軒並み紹介されているようだ。


【店舗情報】L’Ami」(ラミ)

JR東海道本線・阪神本線 元町駅から徒歩2分。
JR東海道本線 三ノ宮駅から徒歩8分。
阪急神戸線・阪神本線 神戸三宮駅から徒歩7分。
地下鉄海岸線 旧居留地・大丸前駅から徒歩1分。
住所 兵庫県神戸市中央区三宮町3-4-3
営業時間 11:00〜14:45(ラストオーダー)
17:00〜20:30(ラストオーダー)
定休日 月曜(祝日の場合は営業し、翌日が休み)


近江牛ビーフシチュー
近江牛ビーフシチュー
1,404円
赤ワイン&地ビール仕込みのビーフシチュー(4食入) 2,160円
富山県産ベニズワイ蟹使用 カニクリームコロッケ( 5個×2パック) 1,429円 るるぶ神戸 三宮 元町【電子書籍】
るるぶ神戸 三宮 元町【電子書籍】
840円

posted by 極もん at 22:00 | Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

大阪・梅田「ダイヤモンドカリー」の”あんかけスパゲッティ”

「ダイヤモンドカリー」の「エビフライあんかけスパ」と「カラアゲカレースパ」をご紹介します。

180405_ダイヤモンドカリー「エビフライあんかけスパ」

ダイヤモンドカリー」は、大阪・梅田の大阪駅前第3ビル地下1階にあるカレーとスパゲッティのお店(2016年オープン)。こちらで、名古屋名物「あんかけスパゲッティ」がいただけるということで訪問しました。

「あんかけスパゲッティ」は、名古屋では至る所でいただける大変有名なご当地グルメ。極もんは、2009年に初めて名古屋でいただいて以来、好物に。その後も幾度といただき、当ブログでもご紹介しています。

180405_ダイヤモンドカリー

その名古屋名物が大阪・梅田のど真ん中で、いただけることになったということは、何ともうれしい限りです。

今回は、名古屋らしくエビフライをトッピングした「エビフライあんかけスパ」(Mサイズ・960円)を注文しました。こちらのあんかけスパゲッティは、名古屋で代表的な「ミラカン」という種類。肉類(ソーセージ)と野菜も入ったスパゲティです。

早速、いただいてみますと、名古屋の第一人者がオリジナルのとろみがついたミートソースをと考案したあんかけソース、その味わい、スパイシー感の再現性は、なかなかのものです。

180405_ダイヤモンドカリー「エビフライあんかけスパ」

麺も名古屋同様に極太麺で、こちらでは、もちもち食感の生パスタを使用しているとのこと。それにあんかけソースがよく絡み、かなり名古屋で食べた感覚に近いと感じました。

また、トッピングのエビフライは、外はサクサク、中はプリップリ。結構な大きさのものが2尾のっており、なかなかの食べ応えがありました。

今回、麺が300gのMサイズを選びましたが、あんかけの重みもあって、結構なボリュームに感じました。440gのLサイズなら、結構なデカ盛りになるのではないでしょうか。Sサイズは220gです。

180405_ダイヤモンドカリー・大阪駅前第3ビル

さて、また次の訪問では、「カラアゲカレースパ」(Mサイズ・920円)をいただきました。

こちらのカレーは、昭和39年(1964年)に、梅田の大阪富国生命ビルの地下街で誕生したという「大阪地下街カレー」のレシピをもとに開発されたものなのだそうです。

そのカレーライスもいずれいただいてみたいですが、今回は、このカレールウがかかったスパゲッティをいただいてみることにしました。

180427_ダイヤモンドカリー「カラアゲカレースパ」

麺は、あんかけスパゲッティと同じ極太生パスタを使用。あんかけ同様にカレーもよく絡みます。また、それが本格欧風カレーとあって絶品。旨味がよく溶け込んでいるのが分かります。その旨味は和牛の旨味なのだそう。辛さは中辛程度に感じました。

トッピングの鶏のからあげも、とてもジューシーで絶品。前回のエビフライといい、トッピングもそれぞれ、質の良さを感じました。

180427_ダイヤモンドカリー「カラアゲカレースパ」

ところで、「ダイヤモンドカリー」という店名は、このエリアが、かつてから「ダイヤモンド地区」と呼ばれていることにちなんで名付けられたとのこと。

この梅田1丁目の四つ橋筋・御堂筋・曽根崎通に囲まれた五角形の区画がダイヤモンドに似ていることから、そのように呼ばれています。平成7年(1995年)、このエリアにオープンした地下街「ディアモール大阪」も、開業前は「ダイヤモンド地下街」という仮称でした(現在も運営会社の名称は、大阪ダイヤモンド地下街(株))。

ダイヤモンドカリーは、4月18日、リニューアルした大阪国際空港(伊丹空港)に2号店がオープンしています。

180405_ダイヤモンドカリー


スパゲッティハウスヨコイ あんかけスパ ギフト 3,000円 あんかけスパ ヨコイの業務用パスタ&パスタソース16食分セット 4,320円【送料無料】
スパゲッティ・ハウス ヨコイのソース 4個セット 3,024円【送料無料】 チャオ&ヨコイ 名古屋グルメ あんかけスパゲティ食べ比べセット(各4人前) 4,320円【送料無料】


■関連記事
ヨコイの”あんかけスパゲッティ”[名古屋遠征レポ]
posted by 極もん at 23:55 | Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

大阪・九条「ぎんたんぽ」の”キムチ鍋定食”

先日は、「ぎんたんぽ」の「キムチ鍋定食」をいただきました。

180420_ぎんたんぽ「キムチ鍋定食」

「ぎんたんぽ」は、地下鉄中央線九条駅から京セラドーム大阪方面へと続く商店街「ナインモール九条」にある手打ちうどん・そば・定食のお店です。通りがかりで見つけ、「キムチ鍋定食」に気を引かれて入ってみることにしました。

この日は金曜日で、時刻は夜7時頃。隣は、チェーン店の定食屋「やよい軒」で、そちらは随分お客が入っているなと思いつつ、こちらに入ってみました。すると、お客はゼロ。ちょっと残念な光景を見てしまいました。店内は、お座敷もあって、結構広いです。

180420_ぎんたんぽ

メニューを見てみますと、やよい軒に負けじと、定食が大変充実しており、こちらもリーズナブル。「若鶏唐揚げ定食」(730円)や「ハンバーグ定食」(750円)などもありますが、小鍋の定食が人気とのこと。「肉豆腐鍋定食」(830円)や「すき焼定食」(1,050円)などがあります。

その中から、やはり、最初に気になっていた「キムチ鍋定食」(750円)を注文しました。やよい軒同様に定食のご飯は、おかわりができるとのことですが、大盛りができるとのことで、最初から大盛りにしていただきました。

180420_ぎんたんぽ「キムチ鍋定食」

しばらくして、熱々の鉄鍋でキムチ鍋が出てきました。小鉢の冷や奴も付いています。

早速いただいてみますと、キムチの他、豚肉、豆腐、ねぎ、えのきだけ、糸こんにゃくなどが入っており、具だくさん。豚肉は軟らかく、程良い量が入っています。

辛さはピリ辛程度で、もうちょっとパンチがほしいと思いましたが、大変いい出汁が効いており、味付けは申し分ないです。また、ご飯は近江米を使っているとのことで、甘みがあって大変おいしかったです。

180420_ぎんたんぽ・小鍋定食メニュー

お客はそのあと、3組入ってきて、ちょっと安心。差し出がましいかも知れませんが、店先に定食のサンプルのショーケースがあったものの、文字だけの定食メニューもあり、やよい軒のように写真付きでメニューの充実をアピールしたら、もう少し、お客を取り込めるのではないかと思いました。

また、ご飯のおかわりができることは、店内に入ってから分かったことでした。やよい軒に対抗するためには、これも、店先でアピールするべきかと思いました。

他にも興味を持ったメニューがいくつか・・。「大エビフライ&オムレツ定食」(890円)は、どんな大エビが付いているのでしょう。 またの機会にいただいてみたいところです。また、デカ盛りファンにおすすめ、巨大どんぶりの「びっくりうどん」(1,290円)なるものもあります。

180420_ぎんたんぽ「びっくりうどん」
▲デカ盛りメニューの「びっくりうどん」(左・1,290円)と「小びっくりうどん」(右・1,080円)。


【店舗情報】味処・酒処 ぎんたんぽ

地下鉄中央線・阪神なんば線九条駅から徒歩4分。
住所 大阪府大阪市西区九条1-10-12
営業時間 11:30〜14:30(ラストオーダー14:00)
18:30〜22:30(ラストオーダー21:45)
定休日 不定休


180420_ぎんたんぽ


キャベツキムチ入り鶏チゲ鍋(2〜3人前) 1,980円【送料無料】 手羽餃子キムチ鍋セット(2〜3人前) 2,160円
&TRAVEL大阪2018 ハンディ版 972円【送料無料】 驚胃のガツめし関西版 2018-2019 842円【送料無料】

posted by 極もん at 22:05 | Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

希望軒上牧店の”高槻うどんギョーザ”と”ひねぽん”

先日は、「希望軒」高槻上牧店で、「とんこつラーメン」「高槻うどんギョーザ」「ひねぽん」をいただきました。

180117_希望軒「とんこつラーメン」「ひねぽん」

希望軒」は、1991年に姫路で創業。その後、フランチャイズ展開を開始し、兵庫県、大阪府を中心に30数店舗を出店しています。東京にも進出し、新宿3丁目店があります。

180117_希望軒 高槻上牧店

こちらの高槻上牧店(大阪府高槻市)に、高槻名物の「うどんギョーザ」があるということで訪問しました。うどんギョーザは、餃子のタネに皮を巻く代わりに細かく切ったうどんを混ぜ、お好み焼きのように焼いた料理。

昭和50年代半ばに家庭料理から生まれ、ごく小さな範囲で広まったとのこと。近年は、大阪府の「大阪ミュージアム」に登録されたり、「B−1グランプリ」にも出展するなどして、広く知られるようになってきました。

180117_希望軒 高槻上牧店

希望軒では、「高槻うどんギョーザ」(280円)と、折角ラーメン店なので、「とんこつラーメン」もライスセット(842円)で注文。煮玉子(この日は半額デーで54円)をトッピングしました。さらには、「ひねぽん」(302円)も注文しました。

「とんこつラーメン」は、「こってり」か「あっさり」か選べるということで、「こってり」を選び、麺の堅さも選べるということですが、普通にしました。

豚骨は国産のものを使用し、絶妙の火力で長時間炊きだすことで、臭みを出さずに旨味だけを抽出しているとのこと。いただいてみますと、確かに臭みがなく、豚の甘みが感じられる絶妙のスープ。それが細麺によく絡み、うまかったです。

180117_希望軒「とんこつラーメン」

そして、「高槻うどんギョーザ」は、お皿に3個のって出てきました。こちらのうどんギョーザは、マヨネーズがかかっています。まず、そのままいただいてみますとニラとニンニクの味が効いた正にギョーザの具の味です。

180117_希望軒「高槻うどんギョーザ」

そのままでもいけますが、ギョーザと名が付くだけあって、ギョーザのタレを付けるとうまかったです。うどんはあまり多く入ってなく、その食感はほとんど分かりませんでした。

180117_希望軒「高槻うどんギョーザ」

「ひねぽん」は、姫路や明石など播州地方のご当地グルメで居酒屋の定番メニュー。卵を産まなくなったひねたメス鶏「ひね鶏」(「ひねた」とは、関西弁でませた・熟したなどという意味)を使い、茹でる、または焼くなどしたあと、細切りにしてポン酢で和えた料理。希望軒が姫路発祥ということで、全店のメニューに挙がっています。

180117_希望軒「ひねぽん」

昨年、姫路の旅でいただく機会がなかったので、この機会にいただくことにしました。いただいてみて、初めて冷たい料理だと分かりました。ポン酢が辛かったですが、酸味でさわやかな味。ひね鶏なので堅いですが、歯ごたえを楽しむ料理だと分かります。ご飯と共においしくいただきました。


高槻名物うどん餃子
高槻名物うどん餃子
363円
姫路名物 ひねぽん(500g)
姫路名物 ひねぽん(500g)
2,800円【送料無料】
高槻茨木ジモト飯
高槻茨木ジモト飯
918円【送料無料】
全国18の有名店より選べる銘店ラーメンセット(12食入)
全国18の有名店より選べる銘店ラーメンセット(12食入)
3,240円【送料無料】

posted by 極もん at 00:50 | Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


ピョンチャンオリンピック2018 テレビ各局テーマ曲 >>