出前、宅配は楽天デリバリーから!    駅名からホテルを検索

【1000記事記念】旅先で出会った街角にゃんこ[猫特集]
北京2022オリンピック テレビ各局テーマ曲
2021年12月22日

グランフロント大阪で札幌”SAMURAI”のスープカレー

先日は、グランフロント大阪の「Rojiura Curry SAMURAI.」でスープカレーをいただきました。

211207_Rojiura Curry SAMURAI「チキンと野菜」

Rojiura Curry SAMURAI.」は、スープカレーの本場、札幌を中心に北海道で9店舗を展開するスープカレー店。2014年には、東京に進出し、関東で6店舗を展開しています。そして、今年9月には、大阪に進出。また、福岡や名古屋にも出店しています。

211207_Rojiura Curry SAMURAI グランフロント大阪店

今回は、JR大阪駅前のグランフロント大阪・南館7階にあるグランフロント大阪店に訪問して、「チキンと野菜」(1,430円)をいただきました。野菜13品目と骨付きチキンが入ったスープカレーです。

チキンは、パリパリか柔らかを選択でき、パリパリに。スープは、レギュラー・マイルド(豆乳入り)・ココナッツ(+100円)・マイルドココナッツ(+100円)を選択でき、レギュラーに。辛さは、10段階選択でき、2(中辛)に、ライスの増減も選択でき、標準のM(180g)にしました。

211207_Rojiura Curry SAMURAI「チキンと野菜」

早速、いただいてみますと、カレースープは、少しとろみのあり、とてもスパイシー。野菜や肉の旨みがたくさん溶け込んでいます。中辛程度の辛さといえども、結構ガツンとくる辛さです。しかし、その辛さが心地良いです。

チキンは、パリパリで香ばしく、スプーンですぐにほどける軟らかさ。また、全て北海道の契約農家で育てられたものという野菜は、素揚げするなど、種類ごとに、それに合った調理がされており、一つ一つがおいしいです。

211207_Rojiura Curry SAMURAI「チキンと野菜」

13品目の野菜は、キャベツ、ニンジン、ゴボウ、キクラゲ、ブロッコリー、水菜、サツマイモ、パプリカ、ナス、ジャガイモ、ピーマン、カボチャ、大豆。野菜のボリュームで満腹になりました。尚、さらに野菜が多い「チキンと1日分の野菜20品目」(1,595円)というメニューもあります。

さて、このお店のコロナ対策ですが、カウンター席は、1席ずつにアクリル板を設置。テーブル席は、側面にアクリル板が設置されています。フロア通路とお店の境に窓がないため、密閉空間になっていません。

211217_グランフロント大阪
▲グランフロント大阪

211207_グランフロント大阪・クリスマスツリー
▲グランフロント大阪のクリスマスツリー。今年は、ディズニープリンセスとタイアップ。15分毎にライティングショーが始まる。

211217_グランフロント大阪・大階段
▲うめきた広場大階段には、ディズニープリンセスの物語「アラジン」をモチーフにデザインの巨大シャドウ・グラフィックが登場。

SAMURAI 骨付きチキンのスープカレー 1人前 1,400円【送料無料】 SAMURAI 骨付きチキンのスープカレー 1人前 3個セット 3,600円【送料無料】



posted by 極もん at 21:50 | Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2021年11月05日

豊中・岡町 江戸時代創業の老舗うどん店「土手嘉」

岡町「土手嘉」の「親子丼セット」と「カレーチャンポン」「バッテラ」をご紹介します。

211008_土手嘉「親子丼セット」

土手嘉は、阪急宝塚線・岡町駅(大阪府豊中市)近くの岡町商店街にあるうどん店。創業は、江戸時代半ばという老舗です。

211008_土手嘉
▲昭和元年に建てられた現在の店舗。

かつての主要道である能勢街道と伊丹街道が交わる地にある岡町は、江戸時代初期から栄え、豊中の中心地だった所。土手嘉は、両街道の交差点でありながら、原田神社の門前という好立地に店を構え、長年に渡り繁盛してきました。現代においても、阪急岡町駅から豊中市役所へ向かう人々が通るアーケード街という大変良い立地にあります。

211008_土手嘉・原田神社
▲土手嘉店舗前から見た原田神社。

土手嘉という店名は、初代が嘉吉さんという名で、店の前に原田神社の土手(玉垣)があったことから、そのように名付けられたとのこと。原田神社には、文政9年(1826年)に建てられた「八百屋嘉助」の文字が刻まれたお百度石が残っており、それは八百屋なども営んでいた2代目・嘉助さんの名前なのだそうです。現在は、8代目と9代目が店を切り盛りしています。

211025_原田神社・百度石
▲原田神社の「文政九年丙戌歳建之」と記された百度石に、土手嘉2代目店主の「八百屋嘉助」さんの名が刻まれている。

大変古風な現在の建物は、昭和元年(1926年)に建てられたものということです。店内も古風で落ち着きます。

211008_土手嘉

うどん店ということですが、メニューを見てみますと、そばはもちろん、中華そばもあり、また、バッテラやいなり寿司、オムライス、カレーライスまであって、昔ながらの大衆食堂といった品揃えです。

211008_土手嘉

今回は、「親子丼セット」(935円)を注文しました。親子丼と麺類(うどん・そば・中華そば)のセットで、うどんを選択しました。うどんとそばは、温かい方か冷たい方か選択でき、温かい方にしました。親子丼は、小振りの丼で、うどんは普通サイズの丼で出てきました。

211008_土手嘉「親子丼」
▲親子丼

早速いただきますと、親子丼は、出汁がとてもしっかり効いていて老舗ならでは醸し出す味わい。鶏肉がプリプリしています。うどんの麺は、とてもやさしい柔らかい麺で、こちらも、とても味わい深い出汁です。

211008_土手嘉「うどん」
▲うどん

他には、「他人丼セット」(935円)や「カレー丼セット」(935円)、「ドライカレーセット」(957円)、オムライスセット(1,045円)などがあります。

また、2度目の訪問では、「カレーチャンポン」(693円)と「バッテラ」(1本・396円)をいただきました。

211022_土手嘉「カレーチャンポン」
▲カレーチャンポン

カレーチャンポンは、とてもスパイシーなあんかけのカレースープで、細麺によくからみます。具は、豚肉、白菜、にんじん。辛さは、ほとんどなく、やさしい味でした。

211022_土手嘉「バッテラ(1本)」
▲バッテラ(1本)

バッテラは、大阪発祥のサバの押し寿司。とてもテカテカ光っていて、大変美しい仕上がりです。サバは、しっかり酢で締められており、とてもさっぱり。醤油の瓶が一緒に出てきましたが、付けても付けなくてもおいしかったです。

さて、こちらのコロナ対策についてですが、大阪府のゴールドステッカー認証店であり、各テーブルには、中心に大型のアクリル板を設置。また、CO2センサーが設置されていることも確認できました。

【店舗情報】土手嘉(どてか)

阪急宝塚線 岡町駅より徒歩3分。
住所 大阪府豊中市岡町8-16
営業時間 11:30〜18:00
定休日 日曜日


211008_岡町商店街
▲岡町商店街

ぴあ豊中伊丹食本
ぴあ豊中伊丹食本
979円【送料無料】
阪急沿線ディープなふしぎ発見 [ 天野太郎 ] 990円【送料無料】



■関連記事
豊中・岡町 原田神社へ初詣
posted by 極もん at 00:05 | Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2021年04月30日

京都・烏丸「高木珈琲店」の”リッチモーニング”

「高木珈琲店」のモーニングをご紹介します(2020年2月訪問)。

200222_高木珈琲店「モーニング Aセット」

高木珈琲店」は、京都市下京区にある昭和51年(1976年)に創業した喫茶店。自家焙煎コーヒーとボリュームあるフードメニューが売りで、雑誌などメディアでも度々紹介される有名なお店です。京都市営地下鉄四条駅から南へ約4分の所に、近接して2店舗を構えています。

烏丸店は烏丸通に、高辻本店は、烏丸通から高辻通を西へ少し入った所にあります。今回は高辻本店へ、名物のリッチモーニングをいただきに訪問しました。比較的遅い目の午前11時まで、モーニングが注文できるのは、ありがたいところ。11時少し前の訪問でしたが、まだ間に合いました。

200222_高木珈琲店 高辻本店

注文したのは、モーニングの「Aセット」(720円)。厚切りトースト、スクランブルエッグ、ソーセージ、ポテトサラダ、ドリンクのセットです。「ホットドッグセット」(850円)も魅力的だったのですが、スクランブルエッグがおいしそうなので、Aセットにしました。

トーストは、バター、ジャム、シナモン、ピーナツバター(+50円)から選ぶことができ、バターに。また、ドリンクは、コーヒー、紅茶、ミルク、オレンジジュース、カフェオレ(+100円)から選ぶことができ、コーヒーにしました。

200222_高木珈琲店「モーニング Aセット」

早速、いただいてみますと、自家焙煎のコーヒーは、濃い目で、とても深みが感じられます。スクランブルエッグは、とても上品で、やさしい味付け。玉子そのものの旨みがふんだんに感じられます。ポテトサラダも濃すぎない味付けで、じゃがいもの旨みが生かされています。ソーセージは、外は香ばしく焼かれており、肉の旨みがふんだんに感じられました。

どれも絶品で大変満足のモーニングでした。こちらでは、手作りのハンバーグやミックスフライ、オムライスなど、ランチメニューも充実。また、弾力があるという個性的なプリンも大変人気で、いずれまた、いただきに参りたいところです。

200222_高木珈琲店 高辻本店

【店舗情報】高木珈琲店 高辻本店

阪急京都線 烏丸駅より徒歩5分。
京都市営地下鉄烏丸線 四条駅より徒歩4分。
京都市営地下鉄烏丸線 五条駅より徒歩8分。
住所 京都府京都市下京区高辻通室町東入ル骨屋町175
営業時間 7:00〜19:00(日曜日は18:00まで)
定休日 1月1日〜3日のみ


京都・大阪・神戸の喫茶店 珈琲三都物語 [ 川口葉子 ] 1,760円【送料無料】 純喫茶とあまいもの 京都編 [ 難波 里奈 ] 1,760円 【送料無料】


posted by 極もん at 01:50 | Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年12月24日

エキスポシティで「金子半之助」の”江戸前天丼”

先日は、エキスポシティで「金子半之助」の「海老天丼」をいただきました。

201218_日本橋 天丼 金子半之助 「海老天丼」

金子半之助」は、東京・日本橋に本店を置く、行列ができる人気の天丼専門店。金子半之助というのは、創業者の祖父で和食界の重鎮だったという人物の名。半之助が残した"秘伝の江戸前の丼たれ"のレシピを元に天丼を作り上げ、2010年に同店が開業。今では、各地の商業施設や海外にも出店し、20店舗以上を展開しています。

今回は、大阪・吹田の万博記念公園近くの「ららぽーとエキスポシティ」のフードコートに出店している店舗でいただきました。

201218_日本橋 天丼 金子半之助 大阪ららぽーと EXPOCITY店

注文したのは、「海老天丼」と、そばのセット(1,298円)。海老が4尾も載った天丼と小さいそばがセットになっています。そばは、温かい方と冷たい方が選択でき、温かい方にしました。

201218_日本橋 天丼 金子半之助 「海老天丼」

早速いただいてみますと、天ぷらの衣はしっとり系。見た目濃いそうな甘辛いタレは、意外とあっさりしています。具材は、海老4尾と他に、かぼちゃ、舞茸、ししとうも入ってボリューム満点。そして、玉子の天ぷらが半熟で、ご飯にとろーりとかかってうまいです。

201218_エキスポシティ フードパビリオン

さて、コロナ禍の今。フードコートは、自分で空いている場所を選べるため、普通の飲食店より、比較的安心して利用ができます。エキスポシティのフードコートは、座席数を減らした上、全てのテーブルにアクリル板が設置されており、感染対策がしっかり施されています。カウンター席にも、一人分ずつアクリル板で仕切りが設置されています。

EXPOCITYイルミネーション
続いては、空の広場のイルミネーションを見に行きました。今年も高さ8mのクリスマスツリーが登場。背後の日本一の大観覧車「OSAKA WHEEL」は、赤や緑を基調とした特別なカラーにライトアップされています。ツリーは、観覧車をバックに撮影する際に、最適な位置に設置されています。

201218_エキスポシティ

また、今年はツリー前に、世界のサンタが大集合したフォトスポットが登場。大阪芸術大学デザイン学科の学生が各国の文化を取り入れてデザインした個性豊かなサンタ20体が並んでいます。

201218_エキスポシティ

201218_エキスポシティ

開催期間は、12月25日まで。点灯時間は、17時から23時までです。


万博公園Walker
万博公園Walker
896円【送料無料】
るるぶ北摂
るるぶ北摂
907円【送料無料】
北摂の本
北摂の本
858円【送料無料】




posted by 極もん at 00:50 | Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2020年01月28日

ホワイティ梅田 豚汁専門店「ごちとん」の”スペアリブ豚汁”

ホワイティうめだのリニューアルした泉の広場周辺エリアにオープンした豚汁専門店「野菜を食べるごちそうとん汁 ごちとん」で、「炙りスペアリブ豚汁」と「キーマカレー豚汁」をいただきました。

191217_野菜を食べるごちそうとん汁 ごちとん「炙りスペアリブ豚汁」

大阪・梅田の地下街「ホワイティうめだ」で長年親しまれた泉の広場の噴水が惜しまれつつ姿を消したのは、昨年5月。それから、周辺エリアのリニューアル工事が進められ、昨年12月5日、新しい泉の広場と新しい飲食店街がオープンしました。広場のシンボルは、噴水に代わって「Water Tree」というLEDを使ったモニュメントに生まれ変わりました。

191217_ホワイティ梅田・泉の広場
▲新しい泉の広場のシンボル「Water Tree」。

飲食店街は、飲屋街の「NOMOKA」ゾーンや食事中心の店舗の扇町ゾーンなどで構成され、計35店舗が出店。そのうち、5店舗が関西初出店、2店舗が大阪初出店となっています。また、従来からの店舗もリニューアルオープンしています。

191217_ホワイティ梅田

今回は、扇町ゾーンにオープンした関西初出店の「野菜を食べるごちそうとん汁 ごちとん」に訪問することにしました。ごちとんは、東京・代々木で人気の豚汁専門店。以前、ご紹介した「野菜を食べるカレーcamp」が手がける姉妹店で、camp開店10周年を記念して、2017年に誕生しました。

200107_野菜を食べるごちそうとん汁 ホワイティうめだ店

豚汁は、基本の「ごちとん豚汁」(640円)や、ホワイティうめだ店限定「大阪ごちとん豚汁」(940円)など9種類。それに追加150円で、ご飯と漬け物が付く定食に、また追加290円で、ご飯、アジフライ、漬け物が付く豚汁アジフライ定食にすることができます。

まず、初回訪問時は、何とも見た目がSNS映えする「炙りスペアリブ豚汁」(単品:890円)を定食セット(1,040円)でいただきました。豚汁の上に大きな豚の骨付き肉が載っています。

豚汁は、とても深みのある味で、これまでいただいた豚汁とひと味もふた味も違うという感じ。具材は、カレーのcamp同様にごろごろと大きいのが特徴で食べ応えあります。

191217_野菜を食べるごちそうとん汁 ごちとん「炙りスペアリブ豚汁」

そして、何よりごちそう感を演出しているスペアリブは、とても軟らかく煮込まれています。これは、豚汁の出汁を取るのに使われたものを網焼きにして出しているのだそうです。

ご飯は、同額で小(100g)・中(150g)・大(250g)と選ぶことができ、大にしました。サービスで生玉子が付いています。最後に残った豚汁にご飯と生玉子を入れ、雑炊のように味わうと良いとメニューに書いてあったので、そのようにして食べ終えました。

続いて、次の機会に訪問した際は、とても変わり種な「キーマカレー豚汁」(単品:840円)をアジフライ定食(1,130円)でいただきました。今回も、ご飯は大にしました。

200107_野菜を食べるごちそうとん汁 ごちとん「キーマカレー豚汁」

豚汁の上にキーマカレーがドッと載っています。混ぜるとスープカレーのようになりましたが、ベースは豚汁なので、それとはまた違った味わいで、いろんな旨みが感じられます。カレー屋さんのカレーなので本格的な味で、ご飯もよく進み、なかなか手が止まりません。

200107_野菜を食べるごちそうとん汁 ごちとん「キーマカレー豚汁」

アジフライも揚げたてのサクサクで絶品。今回も、残った豚汁にご飯と生玉子を入れて食べ終えました。

191217_ホワイティ梅田
▲NOMOKAゾーンの奥にある、ホワイティ梅田と大阪メトロの廃材を利用して制作されたというオブジェ「いのちの木」。


一日中使える 梅田の朝昼晩! 968円【送料無料】 Miyajima 業務用 豚汁 合わせみそ(5食入) 1,350円 吉野家 フリーズドライ とん汁(10食入) 1,446円


■関連記事
エキマルシェ大阪「野菜を食べるカレー camp」
posted by 極もん at 21:50 | Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


北京2022オリンピック テレビ各局テーマ曲 >>