ビックカメラ【アウトレット品&在庫処分】    ダイエー楽天市場店

2016年10月29日

ヨコイの”あんかけスパゲッティ”[名古屋遠征レポ]

以前の名古屋遠征から、「スパゲッティ・ハウスヨコイ」の「ミラカン」をご紹介します。

150424_yokoi1.jpg

今や、名古屋を中心に多くのお店に広まり、名古屋めしの一つとして有名になった「あんかけスパゲティ」。その元祖のお店が「スパゲッティ・ハウス ヨコイ」です。

「あんかけスパゲティ」は、日本でまだ、スパゲティが一般的でなかった昭和34年(1959年)頃、同店創業者の横井博氏がイタリア家庭料理のミートソースと洋食のデミグラスソースをヒントに、とろみがついたオリジナルのミートソースを考案して誕生しました。

昭和36年には、知人と共同出資で「そーれ」を開業。昭和38年には独立して、「スパゲッティハウス ヨコイ」を開業しています。

150424_yokoi2.jpg

極もんは、これまでの名古屋遠征で3度、ヨコイに訪問して、3度とも、「ミラカン」(950円)の1.2倍をいただいています。「ミラカン」とは、ソーセージ、ベーコンなど肉類主体の「ミラネーズ」(850円)と野菜主体の「カントリー」(700円)をミックスした肉類も野菜も入ったスパゲティ。「ミラネーズカントリー」を略して「ミラカン」です。

1.2倍とは、麺の量で、わずか+50円で1.2倍、+100円で1.5倍に増量できるのは、うれしいところです。

150424_yokoi3.jpg

いただいてみますと、あんかけソースは、ミートソースということなのですが、一般的なミンチ状のものではなく、肉や野菜が形がなくなるまで長時間煮込まれており、その旨味がソースの中に溶け込んでいます。

このソースに独特のスパイシー感があり、とてもやみつきになる味わいです。麺は、直径2.2mmある極太麺で、これにソースがよく絡み、大変食べ応えを感じます。

150424_yokoi4.jpg

ヨコイは、長年、栄周辺の住吉本店と錦店の2店で営業されてきましたが、2015年からフランチャイズ展開を開始し、今春には東京・六本木にも進出しています。また、直営店としては、今年6月に開業した名古屋駅前の新しい商業施設「KITEE名古屋」にも新店舗がオープンしました。

posted by 極もん at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ[東海] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする