ビックカメラ【アウトレット品&在庫処分】    ダイエー楽天市場店

2017年03月27日

神戸三宮「焼肉丼十番」の”ハラミ丼”

先日は、「十番」の「ハラミ丼」をいただきました。

170310_焼肉丼十番「ハラミ丼」「スープ」

十番」は、JR三ノ宮駅から程近い高架下にある大人気の焼肉丼専門店。約17年前に、テレビ大阪「満点!しあわせテレビ」で知って以来、極もん行きつけのお店です。全国ネットの番組でも度々紹介され、近頃では、テレビ朝日「SmaSTATION!!」(2015年1月放送)で紹介されています。

約20年前のオープン当初は、ガード下の狭いお店だったのですが、たちまち人気店となり、程近い所に移転して、カウンター19席が確保できるお店となりました。それでも、ピーク時は行列ができることもあるとのこと。

161125_焼肉丼十番 三ノ宮店

今回は、夜10時前に訪問しましたが、この時間でも、ひっきりなしにお客が訪れ、店内は常ににぎわっています。

今回注文したのは、「ハラミ丼」の大盛り(800円)とスープ(50円)。カウンターには、自家製キムチが置いてあり、食べ放題。これをつまみながら、丼が出てくるのを待ちます。

161125_焼肉丼十番・キムチ
▲卓上のキムチ

この時間でもお客が多いので、そこそこ待って、ハラミ丼が出て参りました。早速、いただいてみますと、お肉は、何とも香ばしく、ニンニクと唐辛子が効いた甘辛い特製ダレの味付けが食欲を増進させてくれます。厳選した和牛肉を使っているということで、肉質もよく軟らかいです。

170310_焼肉丼十番「ハラミ丼」

大盛りにすると、なかなかのご飯のボリューム。甘辛いタレのおかげで、かなりご飯が食べられますが、もし肉が足りなくなっても、キムチがあるので安心です。

このお店の一番人気は、「カルビ丼」(並700円・大盛り800円)とのこと。高価な「特撰丼」(1,200円)もあり、安い目なら「和牛すじ丼」(並500円・大盛り600円)があります。他に「ホルモン丼」(並650円・大盛り750円)や「ホルモンうどん」(並600円・大盛り700円)などもあります。

161125_焼肉丼十番「カルビ丼」
▲前回いただいたカルビ丼(大盛り)

尚、三ノ宮店の2階には、焼肉店の「神戸十番」があり、また、ひとり焼肉も気軽にできる焼肉定食専門店の元町店もあります。両店では食べ放題も実施されています。


posted by 極もん at 18:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月26日

惜別 ダイエー各店巡り(5) ヒカリ屋京都店編

ダイエー各店巡り、5店舗目は、昨年(2016年)末に完全閉店となったグルメシティヒカリ屋京都店をレポートいたします。

150600_グルメシティヒカリ屋京都店

2015年1月、イオンの完全子会社となり、2018年度をめどに屋号を無くす方針が示されているダイエー。「ダイエー」の屋号が消えるのは、大変残念でなりません。そこで始めたこの企画は、「ダイエー」の名があるうちに、ダイエー各店を巡り、記事上にダイエーの姿を記録しようというものです。

150600_グルメシティヒカリ屋京都店
▲鞍楽ハウディの2階に、衣料品のみ扱う店舗として出店していた京都店。

グルメシティヒカリ屋京都店(店番号:0842)は、京都市営地下鉄烏丸線 鞍馬口駅からすぐの所にあり、ダイエーの中で、ただ1軒しかなかった変わり種店舗でした。「グルメシティ」を名乗りながらグルメがなく、衣料品のみを扱うという店舗でした。

元々、ここはヒカリ屋京都店だった店舗。ヒカリ屋は呉服店が発祥の地場スーパーでした。そのヒカリ屋が2007年3月、ダイエー子会社のグルメシティ近畿(旧サカエ)と合併。総合スーパーだった瀬田店(滋賀県)、山科店(京都府)と共に、この京都店も「グルメシティヒカリ屋」の屋号となりました。それにより、衣料品しか扱わない「グルメシティ」が誕生したのです。

150600_グルメシティヒカリ屋京都店

グルメシティ近畿は、ダイエーがイオンの完全子会社となって以降の2015年3月にダイエー本体に吸収合併されています。そのため、それ以降、ダイエー直営店となっていました。

衣料品のみの店舗のため、ダイエーのプレスリリースで食品のセールなどが発表される度に、「グルメシティヒカリ屋京都店を除く」などと注釈が入れられていました。

150600_グルメシティヒカリ屋京都店

京都店に訪問したのは、2015年6月。大通りの烏丸通りに面した「鞍楽ハウディ」という商業施設の2階にテナントとして入っていました。周辺は、商業施設が少なく、住宅地が広がる地域です。

ビルの外側には、ダイエーのマークと大きな文字で「衣料品専門店」と表記されています。マーク下に「ヒカリ屋」の文字があり、「グルメシティ」は省略されています。

150600_グルメシティヒカリ屋京都店

ヒカリ屋がある2階へエスカレーターで上がると、正面には、ダイエーのマークと「サンライズプラザ ヒカリ屋」の文字。これはダイエー系になる前からの名称でしょうか?

150600_グルメシティヒカリ屋京都店
▲旧ヒカリ屋時代からの買い物かごが使われていた。

150600_グルメシティヒカリ屋京都店レシート 売り場を見てみますと、他のダイエーの衣料品売り場よりも、かなり小さい面積のフロアです。値札など表記類は他のダイエーと同じですが、他のダイエーで導入されているレジシステムが導入されてないようで、ポイントカードは使えず、その代わりにスタンプカードが発行されていました。

靴下を買って、レシートをいただいてみますと、他のダイエーと異なる独自仕様のものでした。レジ袋は他のダイエーと同じのもの。営業時間は、10時から19時30分まででした。

1階と地下1階には、ダイエーとは関係のない鞍楽ハウディの食料品売り場があり、もし間違えて食品を買いに来る人がいても、混乱を回避できる状況にはなっていました。

161200_グルメシティヒカリ屋京都店

161200_グルメシティヒカリ屋京都店
▲2016年12月、在庫一斉処分の閉店セールが行われていた。

161200_グルメシティヒカリ屋京都店

そんな変わり種店舗でしたが、完全閉店されることになり、2016年12月31日をもって、22年の営業を終えました。グルメシティヒカリ屋は、瀬田店が建て替えのため、2016年2月末に閉店しており、現在は山科店のみとなっています。建て替え後の瀬田店は、2017年7月頃オープンの予定ですが、「ダイエー瀬田店」など別屋号になるものと思われます。

150620_グルメシティヒカリ屋瀬田店
▲建て替えのため、閉店したグルメシティヒカリ屋瀬田店。

150621_グルメシティヒカリ屋山科店
▲グルメシティヒカリ屋山科店

6店目へつづく >>

完本カリスマ 中内功とダイエーの「戦後」 上 1,080円 おいしいと言わせたい!ほめられごはん 810円
ダイエー約4000のレシピから厳選!
価格破壊 [ 城山三郎 ]
価格破壊 [ 城山三郎 ]
596円【送料無料】
阪神大震災 流通戦士の48時間 [ 流通科学大学 ] 1,728円【送料無料】


■関連記事
3月1日移管 ダイエーからイオンに変わる関東・関西29店
まもなく ダイエー関東・関西29店がイオンに移管へ
「ダイエー」「イオン」、連名の屋号で残せないか
惜別 ダイエー各店巡り(3) カテプリ新さっぽろ編
惜別 ダイエー各店巡り(2) 新さっぽろ店編
惜別 ダイエー各店巡り(1) 池田駅前店編
【東京遠征レポ】ダイエー系ディスカウンター「ビッグ・エー」
住道 ダイエーと充実のショッピングセンター

posted by 極もん at 02:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

2017年1月のアクセスランキング:注目は戎祭

先月は、どんな記事に多くのアクセスが集まったのでしょうか。本日は、1月の月間記事別アクセスランキングを発表いたします。

第1位 同じ 「店休日」って言葉あるの? 156
第2位 同じ 24時間激安!「スーパーセンタートライアル」 132
第3位 同じ 解決!DVDレコーダーのディスクが取り出せないトラブル 118
第4位 同じ ダイソーの激安”回転テーブル” 89
第5位 アップ 千里の天神さん・上新田天神社の「大阪とんど祭」 73
第6位 アップ 過去のテレビ番組表が見られるサイトがほしい! 71
第7位 アップ 尊鉢厄神の厄除大祭 護摩焚きで厄払い 65
第8位 アップ えべっさんとだいこくさん(今宮戎神社・大国主神社) 58
アップ 服部天神宮の「豊中えびす」 58
第10位 アップ 今宮戎神社の十日戎・福娘からアナウンサーに 57
Google Analyticsのアクセス解析データによるもので、個別記事ページにアクセスがあったもののみを集計しております。 数値はアクセス数です。
<ご来客数:2,294人(1日平均:74人)>

1位は、3ヵ月連続で店休日の記事。不可解なこの言葉について、意味や読み方を検索する方が多いです。5位のとんど祭、7位の厄除大祭、8位〜10位の戎祭の記事は、それぞれ当月に行事が開催されたことにより、アクセス上昇。1月ならではのランキングとなりました。

ダイエー楽天市場店(ネットショッピング) ●おすすめ記事
【デカ盛りグルメ】
大力食堂の”デカ盛りカツ丼”
日本橋「ポミエ」の”デカ盛りカツ丼”
大三元の”デカ盛り焼飯”
次々出てくるデカ盛り店「喫茶Y」の”カレーライス定食”



タグ:ランキング
posted by 極もん at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 総合ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

平成の大改修・屋根ふき替え工事前の清水寺へ

まもなく、本堂の屋根のふき替え工事が本格化する清水寺へ行って来ました(取材日:2月14日)。

170214_清水寺

「清水の舞台」が崖からせり出していることで有名な京都の清水寺。関西で生まれ育ちながら、全く行ったことがありませんでした。一度、見に行きたいと思っていた矢先、改修工事のため、今春から約3年間、本堂がすっぽり覆いで隠されてしまうと知り、駆け込みで訪問することにしました(拝観料:400円)。

170214_清水寺

清水寺の開創は、奈良時代末の宝亀9年(778年)。現在の本堂は、寛永10年(1633年)に再建されたものです。国宝に指定されており、平成6年(1994)には、世界遺産に登録されています。

170214_清水寺
▲清水の舞台と京都市街地の景色。

幾度とメディアを通して見た清水の舞台ですが、実際にその場に立ってみますと、その壮大さに感動いたしました。

先日から既に工事用の足場の組み立て工事が始まっており、外側から舞台を眺めると、釘を1本も使わず組み上げられているというけやきの柱が、かなり足場で隠れてしまっていました。しかし、なんとか一部の柱は見ることができました。

170214_清水寺
▲メディアでよく見る奥の院付近から見た清水の舞台。かなり足場が組まれている。

また、眺望の良い舞台からの眺めですが、訪問時、舞台の目の前にクレーンが立っており、視界が遮られていました。しかし、夕方5時になると仕事時間が終わったようで、クレーンが畳まれて、本来の眺めが見られるようになりました。

170214_清水寺
▲清水の舞台から見た前方の景色。子安塔が見える。

本堂の屋根のふき替え工事は、約50年ぶりで、2008年から行われている平成の大改修の一環で行われるもの。今月から着手されており、6月末には、本堂がすっぽり「素屋根」で覆われてしまうとのこと。

工事中も拝観はでき、清水の舞台に上がることもできるということですが、2020年3月頃の工事完了まで、外から清水の舞台を見ることができなくなります。

170214_清水寺
▲本堂にある出世大黒天に出世を祈願。

170214_清水寺
▲下から見た清水の舞台。

170214_清水寺
▲清水寺の名の由来になった音羽の瀧。

170214_清水寺
▲夕暮れ時の清水の舞台。


地図で歩くはんなり京都さんぽ
地図で歩くはんなり京都さんぽ
648円【送料無料】
きょうを500円で巡る本 市バス・京都バス一日乗車券対応 540円【送料無料】
フジミ模型 建物シリーズ 1/400 清水寺[プラモデル] 2,138円 アポロ社 世界の風景 清水寺夜景 450スモールピース[ジグソーパズル] 932円


posted by 極もん at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

成田山不動尊のおみやげに・・「香月」の”カステラ”

先日、成田山不動尊へ行った際のお土産に、「菓匠 香月」のカステラを購入いたしました。

170203_菓匠香月「カステラ」

菓匠 香月」(かしょう こうげつ)は、大阪府寝屋川市の成田山不動尊の向かいにある和菓子店。毎年、成田山不動尊の節分祭に訪れた際に、こちらでお土産を買うことが、すっかりお決まりのコースになっています。

香月は、昭和44年(1969年)の開店以来、成田山の参拝者に親しまれており、特に近年は「餅パイ」が大人気。成田山の豆まき終了直後に、餅パイを求めるお客がどっと押し寄せるため、専用の購入口を設けて対応されています。

170203_菓匠香月「カステラ」

こちらの3大看板商品は、「餅パイ」、「豆大福」、「カステラ」なのだそうですが、当ブログでは、餅パイと豆大福は、以前にご紹介済みです。そこで、今回は、まだいただいたことがなかったカステラを購入することにしました。

170203_菓匠香月「カステラ」

カステラは、1本1,080円。厳選に厳選を重ねた材料を使っているのだそう。いただいてみますと、とてもしっとりしており、玉子の濃厚な味が広がります。甘さは控えめで食べやすいやさしい味です。

140203_菓匠香月「豆大福」
▲豆大福

今回は、「豆大福」(3個入:453円)と「きんつば」(1個:140円)も購入しました。いずれも、大変上品な程良い甘さの粒あんが入っており、絶品です。

170203_菓匠香月「きんつば」
▲きんつば


【店舗情報】菓匠 香月(かしょう こうげつ)

京阪本線香里園駅から徒歩15分。
または、京阪バスで成田山不動尊前下車。
住所 大阪府寝屋川市成田町22-2
営業時間 8:30〜19:00(祝日の月曜日は17:00まで)
定休日 月曜日(祝日の場合は営業し、翌日休業)


170203_菓匠香月


長崎心泉堂 長崎カステラお試しセット<初めての方限定> 2,480円【送料無料】 三源庵 お徳用かすてら 7パック(1.26kg) 2,160円【送料無料】
ぴあ枚方食本
ぴあ枚方食本
896円【送料無料】
あんこ読本 あんこなしでは生きられない 1,512円【送料無料】


■関連記事
成田山不動尊のおみやげに・・「香月」の”豆大福”
成田山不動尊のおみやげに・・「香月」の”餅パイ”
成田山節分祭 「べっぴんさん」ヒロインら芸能人が豆まき
posted by 極もん at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | お持ち帰りグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする